2018年度進学希望調査

兵庫県教育委員会が行っている進学希望調査の11月10日時点での結果が発表されました。

2018年度進学希望調査(第1学区)

募集定員に対して進学希望者が1.5倍以上になっている高校をピックアップしてみました。

※数字は左が定員、右が進学希望者
御影(総合人間系コース) 40,83
神戸(総合理学) 40,91
芦屋(普通) 320,490
兵庫(普通) 280,522
北須磨(普通) 240,374
神港橘 (みらい商学)  320,496
須磨翔風(総合学科) 320,597

ほとんど1.5倍になっているのが以下の二つ。

葺合(普通) 280,416
星陵(普通) 280,417

人気の学校は今年も変わらず、といったところでしょうか。

ちょっと今更なニュースではありますが

一年前の記事で申し訳ないのですが、こんな記事を見つけまして。

マンション住人同士「あいさつ禁止」 神戸新聞投書が大波紋

<引用ここから>
「(子供に)知らない人にあいさつされたら逃げるように教えているので、マンション内ではあいさつをしないように決めてください」
と提案したという。その上で、子供には声をかけられた相手が住民かどうかを判断できないことから、「教育上困ります」とも話していたそうだ。
この提案に、総会に出席していた年配の住民も賛同。あいさつをしても相手から返事がなく「気分が悪かった」として、「お互いにやめましょう」と意見が一致し、最終的に「あいさつ禁止」のルールが明文化されることになったという。
<引用ここまで>

今の時代、田舎に住んでいなければ、昔のような近所の付き合いはしないとは思いますし、実際私もしていません。
また、こういう感覚は時代とともに変わっていくものですから、昔はこうだったのにとか言うつもりはありません。

ただ、「あいさつをしない」というのは、どうなんでしょう。
なんというか、「人間は一人では生きていけない」という事実が変わらない限り、こういうレベルのことは時代とともに変わっては行かないと、私は思うのです。

現場は頑張る

リスク高い出産に対応の病院、超過勤務常態化か

<引用ここから>
リスクの高い出産に対応する総合周産期母子医療センターの約6割が労働基準法を順守する上で必要な産婦人科医を確保できていない、とする初の推計を日本産婦人科医会がまとめた。
<引用ここまで>

労働基準法を順守できるのは4割だけ、ということです。
100%労働基準法を順守できている業界があるかどうかは分かりませんが、少なくとも、医療と教育の現場がとんでもないことになっていることはなんとなく分かります。

現場で働いている人は「このままではあかん」と思いながらも、自分の仕事を投げ出してしまったら世の中が大変になると思って、なんとか耐えてくれている。義務感、責任感が現状を支えている。そんな状態なのだろうと感じます。

しかし、人間には限界があります。限界を越えてしまったら、今のシステムは崩壊することになるでしょう。仮に、公教育が崩壊しても我々のような存在がたくさんありますから、それでもまだ多少は持ちこたえるかもしれません。
ですが、医療はそうはいかないでしょうからね。怖いですね。

逆じゃなかろうか

中3「教科書理解できない」25%…読解力不足

<引用>
中学3年の4人に1人(25%)が、教科書レベルの基礎的な読解力を身に付けないまま義務教育を終えていることになる。
<引用ここまで>

定期テスト前に、学校の国語の授業で扱った文章をもう一度読んでみてもらうのですが、そもそも「音読」からして上手にできませんし、もちろん、意味も分かっていません。学校の授業で一度扱ったはずなのですが、その形跡はまるで見られません。

こういう状態に、もう何年も前からなっています。
ですから「25%は教科書レベルが分かっていない」と言われてもピンと来ません。

「25%が教科書レベルの基礎的な読解力を身に付けて義務教育を終えている」の方が実情に合うような気がしてしまいます。

教員が足りないそうです

元社会教諭に「数学教えて」 教員不足、九州の教委必死

このニュースに限らず、全国で教員が足りなくてとても困っているそうです。
職場がハード過ぎたり、教員免許更新という問題もあったり、いろんな事情で足りなくなると思うのですが、学校がきちんと勉強を教えられなくなるのは困ったことです。

傍から見る限りでは、学校の先生の勤務状態は年々悪くなっているように見えます。
この状況で劇的に教員の数を増やす手があるのか、私には全く分かりません。

分かりませんが、学校の状態が悪くなれば、我々の仕事が変わるのも確実。
動向を注意深く見守りたいと思います。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク