FC2ブログ

1学期期末テスト結果報告

少し遅くなりましたが、先月行われた期末テストの結果報告になります。

○中学生全体の平均点
3教科 197点(1教科平均 65.5点)
5教科 323点(1教科平均 64.5点)

○中1平均点
3教科 206点(1教科平均 68.7点)
5教科 338点(1教科平均 67.7点)

○中2平均点
3教科 185点(1教科平均 61.5点)
5教科 313点(1教科平均 62.5点)

○中3平均点
3教科 217点(1教科平均 72.4点)
5教科 333点(1教科平均 66.7点)

5教科計が100点台後半~450点代までいろんな学力の子がいますが、全体としては6割強くらいになりました。
毎年1学期の期末テストはこんな感じになります。良くも悪くもない点数です。

各学年、二学期以降、学習する内容が難しくなります。
難しくなったとしても、今回の点数・順位をさらに良くできるのかどうかは夏の過ごし方にかかっています。

各自テストとにらめっこして、夏期講習の受講科目をしっかり考えてください。

編入試験合格

小学生の時から当方に通い始め、現在の高校部に通っている子が、

大阪大学 基礎工学部 電子物理科学科  エレクトロニクスコース

の編入試験に合格しました。おめでとうございます!

現在、彼は当方の授業は英語しか受講しておりません。
先日の記事の子と同様、入試はおそらく工学系の専門科目が中心だったと思いますので、こちらも本人がめちゃくちゃ頑張った、ということになります。

小学~中学校時代は彼の算数と数学と理科を担当し、高専時代にはプログラミングを教えていました。
長い間彼を見ていたので、感慨深いものがあります。本当によく頑張ったな、と感動しています。

とにかく、おめでとう。

今年度初の合格

当方の高校部に通っている子が、

岐阜大学 工学部 社会基盤工学科  防災コース

の編入試験に合格しました。おめでとうございます!

当方の授業は英語しか受講しておりません。
入試はおそらく工学系の専門科目が中心だったと思いますので、基本的には本人がめちゃくちゃ頑張った、ということになります。

そういうわけで、ここで合格報告をさせていただくのもどうかなと少し思いましたが、新風館の高校部は高校生だけでなくいろんな子が来ていることがよく分かる出来事かと思いましたので、報告させていただきました。いや、本当にめでたいです。

現在、高校部には高専の子だけでなく、高校卒業生も在籍しております。
実は働いておられる一般の方の受講もOKなんですよ。

1学期中間テスト結果報告

少し遅くなりましたが、先月行われた中間テストの結果報告になります。

○中学生全体の平均点
3教科 213点(1教科平均 71.0点)
5教科 331点(1教科平均 66.1点)

○中1平均点
3教科 236点(1教科平均 78.5点)
5教科 369点(1教科平均 73.7点)

○中2平均点
3教科 209点(1教科平均 69.5点)
5教科 327点(1教科平均 65.4点)

○中3平均点
3教科 210点(1教科平均 70.0点)
5教科 314点(1教科平均 62.7点)

年度初めの定期テストということで例年通りテスト範囲も狭く、問題も比較的簡単なものが多かったので、点数そのものはまあまあの数字になっています。

ただ、いつも書いていることですが、大事なのは点数そのものではなく、学年の中でどのくらいの位置にいるのか、という点です。
ですから、学校から渡される資料の中にある「学年%」に注目してください。

気になったのは中3の理科の点数の低さです。先週末の模試でも理社はかなり苦戦していた様子です。
先日始まった「BIT CAMPUS touch」を上手に活用しましょう。

1学期課題実力テスト結果報告

○中2・3の平均点
3教科 190点(1教科平均 63.5点)
5教科 290点(1教科平均 58.1点)

○中2平均点
3教科 192点(1教科平均 64.2点)
5教科 313点(1教科平均 62.6点)

○中3平均点
3教科 185点(1教科平均 61.8点)
5教科 238点(1教科平均 47.6点)

点数そのものは低いですが、学校の平均点も低いので、順位は点数ほど悪くならないと思います。そこはご安心ください。

ただ、私が見た限りでは、試験は特に難しい問題が出たわけではありません。
定期テストではまあまあの点数を取っていることを考えると、要は範囲が限定されていない試験では点が取れないということです。

それはつまり、日ごろの勉強の仕方を間違えているということに他なりません。
もちろん、我々はそんな方法を教えたことはないのですが、「水は低きに流れ、人は易きに流れる」ということなのでしょう。

そういう自分を変えるには、日々自分と闘い続けるしか道は無いと思います。
我々が背中を支えますから、一緒に闘いましょう。勇気を出してほしいですね。

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク