受験生は10時まで

去年は塾が大変狭かったので、中3生を授業後に残すことができませんでした。
残そうとしてもとっとと帰りそうなメンバーばっかりだった、ということも事実ではありますが、大事な夏休みに勉強する機会が減ってしまったことについて、深く反省していました。

今年は違います。
今年はおかげさまで塾が広くなっていますので、中3生を思う存分残すことができます。

今年は、夏前からずっと中3生には

「受験生は午後1時から10時まで塾」

と言い続けてきました。


今日で中3は二日目ですが、まだ元気がある模様。
さて、どこまで続けられるか根性を見せて欲しいものです。こっちも根性出すからさ。

中毒

「トイレや浴室でもメールチェック」53%――AOL調査

<引用>
携帯所有者の59%が、メールが着信するたびに携帯で確認すると回答。43%は、眠るときにも携帯をそばに置き、メールの着信が分かるようにしているという。また、携帯をメールの送受信に使用する人のうち、寝室でもメールを確認する人は59%、トイレや浴室では53%、運転中は37%に上る。
<ここまで>

アメリカの話らしいんですが、日本もあんまり変わらないような気もしますねえ。

怖いねえ。病気だねえ。

講習に入りました

今週から夏期講習が始まりました。
そんなわけで、ちっとも日記を書けません。反省したところなのに。むむう。

今週は高校生が頑張っています。
授業が無い中学生は、どんな夏休みを送っているのでしょうか。

来週会うのが楽しみでもあり、不安でもあり。とくに、中3が。

自由研究

おいしくてためになる!みその自由研究

<マルコメの商品紹介ページから引用>
1ヶ月の間にみそが発酵・熟成していく過程を観察し、知らなかったみその不思議を遊び心で学ぶ教材です。絵を描いたり、写真を撮って観察日記をつけていきましょう。最後はおいしいおみそ汁を家族で食べて、夏休みの宿題の完成です!
<ここまで>

ひと月味噌を観察して、最後においしいお味噌をいただけるわけですから、面白い上においしい自由研究ができそうですよ。

自由研究に困ってる人、どうですかね?

反省

今週は忙しくて、全く日記がかけませんでした。反省。



新風館では、すべきときに、すべきことをしないと、罰ゲームをしていただくことがございます。

070720Swan.jpg

頭に白鳥を乗っけて、隣のコープまでお買い物に行く小学生の図。
表に人がいないかどうか慎重にうかがうその背中が、とても情けなくてよいですね。

うむ。
反省して次はがんばってくれい。

面談&レベル

今週の4日間は面談&レベルウィークです。
久しぶりのネクタイは、やっぱり首周りが暑いねえ。

新風館トランプリーグ【第4節】

070714TL.jpg

新風館トランプリーグ【第4節】終了時順位

S(小5) 29ポイント
T(小4) 25ポイント
N(小6) 24ポイント
F(小4) 23ポイント
K(小5) 20ポイント
Y(小5) 19ポイント
J(小5) 19ポイント
K(小3) 14ポイント

1回チャンピオンになると14~16ポイントくらいもらえますので、まだまだ逆転可能です。みんながんばれ。

DVD

携帯電話ユーザー、数字の記憶力が低下傾向に

<引用>
携帯電話など個人情報を記録できる端末の普及により、ユーザー世代は、自宅の電話番号や家族の誕生日など単純な情報を記憶する能力が低下していることが明らかになった。
<ここまで>

携帯電話の普及で、電話番号を覚えていない人が増えました。
PCの普及で、漢字を書けない大人も増えています。


便利なものを使いすぎると記憶力が落ちる。
でも、便利だから使うのをやめられない。
やめられないけど、記憶力が落ちるのはまずいと思う。


これって、ダイエットに似ているんじゃないかと。


現代人の生活では、どうしても肥満になりやすい。
でも、頑張って苦労して体を作るのは嫌だ。
嫌だけど、太って病気になるのも嫌だ。


うむ。似ている。

と、いうことはつまり、

「1週間で記憶力回復! 新風館's ブートキャンプ!」

みたいなDVDを作ったら、売れるかもしれない。

売れないかもしれない。

売るときはビリーの許可がいるんだろうか。
軍隊式記憶養成法ってのは無理があるような気がする。
どうだろう。

そういうくだらないことを考える、今日この頃です。仕事しよ。

直りました

エアコンが直りました。
えがったえがった。

ペット

凶暴につき、捨てちゃダメ! 春日井市、カミツキガメ相次ぎ捕獲

もうね、こういうニュースを見ると、本当に腹が立つんです。

このカメかわいい

なんだか大きくなってきた

なんか怖い

もう飼えない

自然に返そう

もうね、やめてくださいよ。こういうの。

飼うならきちんと、何が何でも飼いきってください。
最期まで飼いきる自信が無いのだったら、飼い始めないでください。
どうしても、本当にどうしても飼えないのであれば、引き取ってくれる人を探してください。

引き取ってくれる人もいない、そして、もう飼えないと強く思うのであれば、自分の手を汚すしかないんです。
つまり、自分の手で自分のペットの命を絶ってください。

「自然に返す」と言うと聞こえは良いですが、人に飼われた生き物は、なかなか野生では生きていけません。
結果、死にます。おそらく餓死か交通事故死です。

もし、生き残った場合でも、大抵の場合、帰化動物として「駆除」されます。
駆除されないまでも、こうやってニュースになって、施設の人や良心ある愛好家に迷惑をかけます。

つまり、「自然に返す」と言いながら、やっていることは「他人に殺してもらう」とほとんど同じ意味です。

そういう自分ではすることができない「汚れ」の仕事を、他人に任せて平気でいるのは卑怯で、恥知らずな行為です。
せめて、自分の手を汚してください。そして、一生後悔してください。

それが嫌なら、飼い続けましょうよ。最初から飼おうなんて思わないでおきましょうよ。

私は、そう思います。

過激なことを書きましたが、過激なくらいじゃないと、命は救えないんですよ。
なんせ、命ですから。

お知らせ

新風館のチラシは

神戸新聞 11日の朝刊
朝日新聞 12日の朝刊

に折り込まれることになりました。
見つけたら小躍りしていただければと存じます。

上記以外の新聞を取っておられる方、新聞を取られていない方も、塾の前には置いてありますので是非お持ちください。

また、一部地域にはポスティングする予定ですので、ポストに突然入っていた場合でも、小躍りしていただければ幸いです。

もちろん、小躍りできない場合は、他のアクション(片手を高々と挙げ、「っしゃあー」と叫びつつジャンプする、など)で表現して頂いても構いませんので、何卒よろしくお願い申し上げます。

エアコン

新風館1階のエアコンが壊れています。ピンチです。

で。

壊れてから今までの過程をちょっと書きますと、

7/3(火) エアコンが本格的に壊れる。

7/4(水) メーカーのサポートセンターに電話を入れる。とりあえず木曜日の午後1時過ぎに修理に来る、ということに。

7/5(木) サポートセンターから電話が入り、午後5時~7時の間に修理、と突然変更。マジですか。
時間内にはメーカーの担当者が来る。どこまで修理するかで代金も変わるとのことなので、3種類ほどの見積もりを取ってもらうように依頼。早ければ当日の夜、遅くとも明日中には見積もりをFAXで送付する、とのこと。

7/6(金) 見積もりが来たのは夜の10時過ぎ。しかも、見積もりは1種類しか来ない。挙句、電話をしても出ない。

7/7(土) 連絡するも、担当者と連絡が取れず。
7/9(月) 連絡するも、担当者と連絡が取れず。

・・・一体、どういうことだろうねえ。

仕事ができないってのは、こういう事だっていう典型だね。
こういう仕事をしちゃあ、いかんね。生き残れないね。

チラシ到着

070706Tirasi800.jpg

チラシ到着~

これで800枚分です。厚いねえ。

基本

「うちの子は基本ができていないから」

親御さんから、何度も何度も聞いた台詞です。

でも、はっきり言います。

中学校範囲は、すべて基本です。基礎です。
現役高校生は、この事実が嫌というほど分かると思います。

つまり、中学校の内容が楽勝で分かっていて、楽勝でできてしまう子以外は、全員「基本ができていない」のです。

基本ができていないなら、基礎を何度も何度も繰り返し練習して、ひとつひとつ身に付けていくしか方法はないわけです。

基本なんだから、誰にでもできます。できるはずです。
要は、やるのか、やらないのか、という一点だけです。

だったら、やればそれでよいのですが、そういう地味な作業をひとりで黙々とやるのは結構しんどい。
しんどいから、我々がいるし、ともに頑張る仲間が、新風館にはいるわけです。

そんなわけで、がんばろうな。

携帯電話と闇

学校裏サイトで、今何が行われているのか~子どもとケータイの闇

群馬大学の教授の下田先生が、中高生のネット事情を事細かに調べ上げたそうなのです。

以下、少し引用します。

<引用>
学校裏サイトというのは、学校の公式サイトとは別に、子どもたちによって立ち上げられた学校内の情報交換を目的としたサイトです。
この中では学校行事や定期テストの情報交換など、中高生らしいやりとりもされているのですが、それだけではありません。「3年A組の○○はきもい」とか「○○は死んでよし」といったかなりきつい誹謗中傷やデマが、実名を挙げて書き込まれていたりします。あと多いのが、わいせつ画像です。女の子が自分の裸をケータイカメラで撮影して、「見てね」と掲載するようになった。
<ここまで>

携帯電話を持たせている親御さんは、こういう事情をどの程度まで把握しておられるのでしょうか。

このところ「ホンペ」と称してネット上で日記やら、写真の公開をしている生徒さんが増えています。

問題が無い範囲でそれらをしている分にはいいのですが、そういう行為が、ちょっとした軽いノリでがらりと変化してしまうのが怖いのです。

軽いノリで他人に「うざい」「キモイ」「死ね」と言う。
軽いノリで公開すべきではないような写真を公開する。

分かる話です。

そして、これがネットの「闇」なわけです。

私は、新風館の生徒たちが、そういうネットの「闇」の部分に染まっていないか、とても心配です。

とても心配ですが、携帯電話を取り上げて「見せろ」という権利は我々にはありません。その権利があるのは親御さんだけです。

つまり、我が子のネット上での行動を把握できる可能性があるのは、親御さんだけなのです。



「うちの子に限って」

これは、禁句だと私は思っています。

うちの子は我々親にとっては特別な存在ですが、世間からすれば、うちの子もただの一人のこどもですから、うちの子に限られることなんて、あんまりないと思うのです。



「ケータイを子どもに買い与えている親が責任を負うべき」と、下田先生は説きます。

責任が取れないのであれば、携帯電話を買い与えるべきではない。

私もそう思います。

そう思うから、きっと私は娘に携帯電話を買い与えることはしないと思います。
少なくとも、ネット機能とメール機能がついた電話は絶対に買い与えないつもりです。
#電話は便利なときも多いから、場合によっては考えると思いますが。

とりあえず、『インターネット機能付きのケータイを子どもに持たせているのは日本だけ』

これを、忘れてはいかんなあ、と思う次第でございます。

テスト終了

塾生のほとんどの生徒が通っている中学校の期末テストは今日で終了しました。

で、今日は「自由参加」のレベルアップテストの日。
参加者は、なんと0。

0!

ゼロ!

零!

いや、びっくりですよ。

終わったのはあくまで期末テストであって、高校受験でもないし、大学受験でもないのです。
その辺りが、やっぱり分からないみたいだなあ。もちろん、分からなければいかんのは中3ですよ。

確かに、中3は中学生としての最後の大会を目前に控えているから、どうしても力が部活動に向かうのは分かります。

分かりますが、それとこれとは話が違うんだよね。
こういうときに、ひとふんばりできない子は、後できっと痛い目にあう。

早いとこ意識を変えてもらわないと、かなりまずいね。こりゃ。
そういう意味でも、夏期講習は「勝負」だし「天王山」なんだよね。

エアコンが

1階のエアコンがついに壊れました。
修理しないと。とほほ。

メモのつづき

昨日チラシ印刷の発注をした相手さんは、フリーフォントに対応してくれなかったので、残念ながらキャンセルしました。というか、そういうのをしてくれないところがあるのね。何事も勉強ですねえ。

で。

別の会社に質問のメールだの電話だのをしたのですが、この会社の担当の人がもう、すばらしい。

こちらの質問に簡単で分かりやすく、しかも的を射た回答をしていただき、大変安心できました。

しかも、仕事が速い。メールを入れて、こちらのデータを送って、印刷できるかどうかを向こうさんにチェックしてもらって、実際に印刷するデータをこちらに送っていただくまでにかかった時間がなんと1時間30分。速い。すごく速い。

しかも、チラシの現物は金曜日の夕方には届くそうですよ。
もちろん、この会社に頼みました。現物も綺麗だと良いなあ。


いやまったく、能力のある人とやり取りすることのは、大変に気持ちが良いことでありますね。
その逆は、もう、ひどいもんだからね。

メモ

・チラシ印刷の発注終了。来週火曜日には届く、はずです。
つまり、来週末には各ご家庭に配布できる、はずです。

・2Fの窓に張り出す夏期講習の文句がなかなか決まらなかったけれども、やっと決まりました。

没その1「完全燃焼!気合爆発!新風館の夏期講習」
没その2「夏だ!!気合だ!!新風館の夏期講習」
没その3「熱い夏を君たちに For You」

上のは全部没ですから。ええ。
正式採用版は、新風館の窓をご覧くだされ。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク