検索キーワード

アクセス解析機能を使って、2009年2月にどんなキーワードでこのページまで来たのか、
いわゆる「検索キーワード」というやつを調べてみました。

1 新風館 塾
2 平和台 学習塾 須磨
3 長田区 新風館
4 新風館
5 新風館 学習塾
6 新風館神戸
7 新風館日記
8 新風間日記
9 兵庫県公立高校出願状況
10 塾 新風館

まあ、普通なんで日記のネタにはならないかなあ、なんて思ったのですが、8位。

「新風間日記」

って、あーた。

雪が無い

知識と言うものは、「雪玉」のようなもので、ある程度の大きさがあって、「好奇心」という名の重力がかかっていれば、自然と転がり、そして、少しずつひとりでに大きくなっていきます。

なのですが、今の子達のほとんどは、いつまでたっても知識が少しも増えていきません。
こちらが与えても与えても、増えていかない子もいるわけでして。

それを、「好奇心」が無いから勉強と言うものに対して面白みを感じていないからだ、と解釈し、子供達にいかに楽しく、好奇心を持って勉強に取り組んでもらえるか、そういうことを考える方もおられます。

しかし、今の子供達の多くは、好奇心が無いから知識が増えないのではなく、そもそもの知識の絶対量が少なすぎるのに原因がある、と私は考えています。
雪玉を転がそうにも、玉が小さすぎて全然転がらないのです。というか、下手をすると、雪すら降ってないんです。

だから、好奇心云々以前に、必要最小限のことは、どうしても詰め込まねばならんのです。
そして、知識を詰め込む作法を、小学生のうちに習得させねばならんのに、それができていない。

それが現状なんだろうな、と思います。


そんなことを、先日卒業生と話していました。
オチはありません。

やっぱり

やっぱり正方形・長方形と扇形を組み合わせた図形の面積を求める問題ができません。中1。

同じ問題間違える病、だねえ。

同じ問題間違える病

同じ問題を何度も何度も間違える病の患者が多数いるので、この土曜日はテスト対策を行っております。

かかってしまうと、なかなか治らないやっかいな病気ですが、意識ひとつで治る病気でもあります。はよ、治さないとね。

いつまでも

「割合いややー」

とか

「速さできひんー」

とか言ってるようじゃあ、ダメダメね。

訂正いたします

昨日、

> しておきましたが、「新風館生の紹介」でやってきた子を「定員です」と無下に断るのもどうかと思い、再度来年の時間割を考え直しています。
> うまいことすると、新中2の定員をあと2~3人増やせるかもしれません。
> 現中1生の方で「新年度から」と、ご検討中の方はお早めにお願いいたします。
> もしかすると新年度には席が無いかもしれません。

と、書きましたが、我々が曖昧な態度を取った結果、誤った情報が錯綜しているようなので、以下のように訂正させていただきます。


現中1の定員はあと1名です。
誰の紹介であったとしても、定員になったら締め切ります。
先着順です。追加募集は一切行いません。例外はありません。


もちろん、退塾なさる方がおられたりした場合は、その都度席が空きますので、その時にはまた告知いたします。


上記のように訂正いたします。ご了承ください。


こうやって定員いっぱいで悩むことがあまりなかったので、ご迷惑をおかけしたかもしれません。
お詫びいたします。

ありがたい悩み

新中2、つまり現中1ですが、なぜかこの学年ばかりが人気で、昨年末で一応定員いっぱい、ということにしておきました。

しておきましたが、「新風館生の紹介」でやってきた子を「定員です」と無下に断るのもどうかと思い、再度来年の時間割を考え直しています。
うまいことすると、新中2の定員をあと2~3人増やせるかもしれません。

現中1生の方で「新年度から」と、ご検討中の方はお早めにお願いいたします。
もしかすると新年度には席が無いかもしれません。


また、来年度は中3を1クラス体制でいくことを、ほぼ確定いたしました。
そういうわけで、こちらもあと2名で定員の8名になります。
#すでに現時点で体験希望の方が1名おられます。

少数精鋭で受験までぶっちぎろうと思っておりますので、こちらもお早めにどうぞ。


なお、新中1生の席にはまだ若干の余裕がございますので、何卒よろしくお願いいたします。
#なんだか笑点のこん平みたいな言い回しですね。

いろいろ

思いついたことをつらつらと。

・ちきゅう

昨日、探査船「ちきゅう」を見に行ったのですが、「3時間待ち」と言われ、すごすごと引き下がりました。
さすがに2歳児を連れて3時間待ちは無理でございます。

ですが、小6の子のあるご家庭では見学をされたとのことで、大変お疲れ様でございました。
そして、ちょっとうらやましいです(笑

・私大またひとつ

高3生がまたひとつ私大に合格したようで、この勢いで国公立も通ってくれるといいなあ。

・問い合わせ多数

先週から多数のお問い合わせの電話と、体験入塾の申込を頂いております。
大変ありがたいことです。

以前

『当たり前のことを当たり前にやっていれば大丈夫です。』

と、ありがたい言葉を頂きましたが、これがその成果なのだとすれば、こんなに嬉しいことはありません。
これからも、日々当たり前のことを当たり前にやっていこうと決意した次第です。

・小5

小5の子らがなんや盛り上がっております。
どういう風に盛り上がっているのか、もう少し形になったら書こうと思います。

とりあえず、

「こいつら根性座ってんなー」

ということがよく分かり、大変安心しました。

全勝

本日、複数の私立高校の合格発表がありました。

今年の中3生は、無事全員合格いたしました。
回し合格で一応合格、という事も無く、特進狙いの子も、無事特進に受かってくれました。


一安心ですが、本番は公立高校。
まだまだ、伸ばさないと、いかんです。

ほっとした

新風館で、今年唯一の高校3生がやっとこさ私大に通りました!
いやー、ほっとしました。

この勢いで、本命も受かってくれるといいな、とは思うのですが、試験科目の関係で私はもう授業をすることもできませんし、こっそり祈るだけです。


しかし、やっぱり大学入試は、大変だなあと毎年毎年思いますね。
「合格しました」と聞くと、胃が軽くなりますからね(笑

試験前夜

明日、10日は私立高校の入試。
もう我々には祈ることしかできません。さて、今年はどういう結果になるのか。

とりあえず、公立高校入試に向けて、12日からの授業の準備をしておきましょうかね。

参観ウィーク

近所の中学校で「参観ウィーク」というものをやっていて、1年生の授業を自由に見られるというので、見学に行ってきました。

090206_01.jpg

090206_02.jpg

あまり学校の悪口を書くわけにはいきませんので、良かったことを。

先生がフレンドリーなのは、生徒にとってちょっといいのかな。
でも、授業中の静寂さを、その代償としてしまっていましたけれども。

どうにも、困ったものですねえ。




見学後、板宿商店街で買い物をしていたのですが、

090206_03.jpg

初めて「いたやどかり」の着ぐるみを見ました。こんなんもあるのねえ。

久々のわんちゃん

私立入試6日前の中3女子であっても、いや、だからこそ

090204_01.jpg

090204_02.jpg

やらねばならぬ、ときがある。
ここにきて、ちょっと気合が入っていなかったのでねえ。

間違っている

今日、中1の子に対して

「お前のやり方は間違っているから、早く改めるように」

といった旨のことを強く言った結果、泣かせてしまい、ちょいと胸が痛くなったりしました。




問題
「yがxに比例していて、そのグラフが(6,8)を通るとき、その比例の式を求めよ」

間違った方法
「比例定数を出す方法を意味も考えずに「xわるy」と覚えているが、なぜその方法で比例定数が求められるのか、全く分かっていない」


このレベルで

「こういう問題はこうやって解く」

といった方法で暗記しようとしたら、それはもう覚えることだらけになります。
そんなものは苦痛でしかありません。そうではなく、

関数とは何か。
関数の式とは何か。
式が表す定数の意味は何か。

ここらへんを理解した上で、

x、yを代入することで定数が求まる

という基本的な解法を身につける。

その上で、「比例のときはxわるyで定数」ならば、その解法も意味があると思うのです。
しかし、そういう土台がないのならば、そんな解法を必死に覚えることは、害でしかないと思うのです。




そんなわけで、きつく叱った次第。
分かってくれてると、うれしいのだけれど。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク