FC2ブログ

お買い物

P1040589.jpg

P1040590.jpg

P1040591.jpg

P1040592.jpg

二人で仲良く、お買い物。
今日は中2。毎日いろいろありますね。

罰ゲーム?

091028_01.jpg

091028_02.jpg

何か中1Aクラスが全員で仮装してました。
こんな格好で普通に勉強してるし。良いノリしてるね。

中間テストの結果は大体出揃っているのですが、2名ほどまだ結果を教えてくれていない子がいるので、結果の報告ができずにいます。困りました。

とか言おうとしたら、中3が次の実力テストの試験範囲を持ってきました。
次々来ますね。やっぱり。



もうそろそろ11月ですから、受験生は私立高校のことをいい加減具体的に考えなければなりません。
幸い、昨年の中3よりは現実的に考えてくれているようです。ここらへんも合宿効果が大きいのだろうなあ、と感じています。



そして、もうそろそろ冬期講習の時間割を確定させなければなりません。
とは言っても、冬期講習は期間が短いですから、そう凝った時間割にすることはできないのですが、折角やるのだったら、ちょっと面白いことをしたい、と考えています。

とくに、受験生がガツンとできるような時間割にしたいです。

そうなると、生徒の募集とかどないしたらええねん、という話になって、いやまあ考えることは次から次へと出てきます。すごいね。

速さの問題・反省

今、小6は速さの問題に取り組んでいまして、一通り終わったのでまとめのテストをやっています。

・・・これがまた全然できてない(涙

こりゃもう一度やらないといかんです。やっぱり速さの単元は大変です。




今週はインフルエンザであたふたしたり、テストが帰ってきて一喜一憂したり、
レベルの採点に卒業生が来てくれたりと、保護者の方が来られたり、と、いろいろなことがありました。

学級閉鎖になっていたところも来週からはまた通常どおり学校がはじまるはずですが、インフルエンザ以外の風邪などもはやっているようですので、またばたばたとあるのでしょう。

今週はちょっとばたばたしすぎて、仕事が雑になったところがあったのが今週の反省点です。
ひとつひとつのことに丁寧にきちんと対応しないといかないと。うむ。

オリオン座流星群

「見えるかな?オリオン座流星群」キャンペーン(国立天文台のページ)

2009年10月19日~23日にかけて、オリオン座流星群の活動が活発になるかもしれないと予想されています。
見頃が深夜~明け方というのがちょっとつらいですが、見られる余裕がある方は是非チャレンジしてみてください。

私はといえば、今日は娘の運動会で早起きしたから眠いんですよね。耐えられるかどうか。

ほんまありえん

何年か前から、「信じられない」といった意味合いを「ありえない」という言葉で表現する人や子どもが増えました。

今でも、ちょっと何かあると「ほんまありえん」という子は何人もいます。

そんなことはあり得ない、あるはずがない、と些細なことに対して不平を言うのですが、まじめに意味を考えるとなんて傲慢な態度なんだろうと思うわけです。

だって、自分が不満に思うことはあるはずがない、その存在を認めることはできない、と言っているわけですから。

とはいえ、「ありえない」を連呼する子の大半は、「信じられない」とか「考えにくい」とか「どうかしている」とか、そういう言葉をぜんぶひっくるめて「あり得ない」の一言で済ましているだけだったりします。

つまり、「単に語彙が少ない」のであって、本人に傲慢なつもりは微塵もないのですが、結局のところ、「ありえん」の一言で思考を放棄してしまっているので、やっていることは同じ事だと思うのです。

いくら自分があり得ないと思っても、その何者かは現実に存在しているわけです。
だったらば、なぜそれが存在するのか、それが存在する理由と原因に目を向けて、それを解明すべきだと思うのです。

そうしてしまえば、自分の心の中ではあり得なかったことが「ある」ことに変わるわけで、それはその人の精神が、人の器が大きくなると言う事です。つまり、その子が「ありえない」と言った瞬間は、その子が成長するチャンスなんです。

そう思います。

インフルエンザ

新型インフルエンザによる学級閉鎖・学年閉鎖が相次いでいるようです。
そのため、欠席する生徒が相次ぎ、授業を進めることができません。
また、冬休みなど、今後の予定も大幅に変わるのでしょう。

困りましたが、臨機応変に対応していくしか他に方法がありません。とほほ。

中間テスト終了

中間テストが終わりました。
中3生は実力テストが迫っています。
息をつく暇なんてありませんが、まあ、今日くらいは息を抜いても良いんじゃないかな、なんて思っていたら、中3は4人も体調不良で欠席でした。気が抜けて、風邪をひいちゃったんでしょうね。

これから先のことを考えると、体調コントロールも仕事のうちなんだよ、ってことをきちんと伝えていかないといけませんね。

さて、来週は結果が出揃うわけです。怖い怖い。

神戸学院大学附属高校入試説明会

なんやかんやで毎年誰かが受験するので、毎年説明会に行っています。
今年もほぼ例年どおりの内容でしたが、気がついた点を羅列します。

・専願受験者の入試本番時のおまけ点が10点から12点に変更されていました。
 これは、去年までは漢検で何級以上か取得した人(詳細は失念しました)は入試本番の点数に2点加算されていたのですが、漢検がアレなので廃止したそうです。

 賢明な判断だと思います。

・数学の平均点が他の2教科よりも低いのですが、これは入試問題が「計算問題で点がとれない」良い問題だからだ、と私は(勝手に)考えています。

・入学するとひとり一台ノートPCを使えるようになるのですが、なんと卒業時にはそのPCがもらえるそうです。すごいですね。


今年も誰かが受けるのかなあ。どうだろうなあ。

テスト対策

もう何度も書いていますが、テスト直前です。
祝日は基本的に新風館はお休みなのですが、さすがにテスト前ということでテスト対策を行いました。

テストが近い。だから、やらなければいけないことがある。なのにやってない。

そんな子は、えらい勢いで叱られます。というか、叱りました。
奮起してくれると、とても嬉しい。


もちろん、そんな子ばかりではなく、複数の子が呼ばれてないのに自主的に勉強しに来ましたし、先週でテストが終わっているのに勉強しに来た子もおるわけで、新風館全体としては「がんばろう」という良い空気があるのです。

あるのですが、全員がそうなって欲しいわけですよ。新風館生なんだから。

ほめること・しかること

中間テスト直前です。
そして、テストが終われば、もちろんテストが帰ってきて、その結果が出ます。
その結果について、親としてはいろいろ言いたいことが出てくると思います。

もちろん、我々もいろいろ言いたくなるのですが、あれこれ行ってしまう前に私が思い出すよう努めていること、まあ、戒めというほどのものではないのですが、そんな小話(?)がありますので、ちょっとえらそうに書かせていただきます。


お子さんにサイコロを振ってもらいます。

1,2が出たら「もっと大きい目を出しなさい」としかります
5,6が出たら「大きい目を出してえらい。よくがんばった」とほめます

これを何十回か繰り返します。

すると、しかった後は大きい目が出て、ほめた後には小さい目が出ることが多くなると思います。これは、数学的に当たり前のことです。
#1,2の後に「1か2」が出る確率と、「3~6」が出る確率を考えればすぐに分かります。

サイコロの目というのは、人の意思に関係なく、ランダムに決まるものです。

ですから、「しかった後は大きい目が出て、ほめた後には小さい目が出た」からといって、「しかったから大きな目が出た」とも「ほめたから小さい目が出てしまった」とも、結論付けてはいけません。

いけないのですが、したくなるのが人の心理なんです。


これはある本に教えてもらったことなのですが、大変役に立つ良い話だと思います。

ほめるべきときに、きちんとほめることができるのか
しかるべきときに、きちんとしかることができるのか

・・・子育ては大変むつかしいですね。

休校するかどうか

台風が近づいております。すでに暴風警報も出されておるようです。

こういうときに「一体、新風館の授業はどうなるのか」と時々聞かれますので、基本方針を書いておきます。

まず、警報が出ても新風館の講師は物理的に可能な限り新風館にいるように、最大限の努力をします。そして、新風館に講師がいる限り、授業は行います。

たとえば、今日は午後6時ごろには暴風警報が出ていたようですが、午後11時現在、とくにひどい風も吹いておらず、強い雨も降っておりません。
こういうときに「警報が出たからお休み」としてしまうのは、大変もったいない。と、我々は考えております。

もちろん、警報が出ているときに、外を出歩くことにリスクが無いとは言えません。
ですので、最終的なご判断は各ご家庭にお任せする、というのが我々の基本方針です。

休まれて遅れてしまった分については、対応する必要がある場合には対応いたしますし、とくに必要がないと判断した場合は、対応いたしません。その辺りは臨機応変に対応いたします。

もちろん、どう考えても休校にせざるを得ない、とこちらが判断した場合は、こちらからご連絡差し上げます。


以上のような方針でやっております。ご理解いただければ嬉しいです。

目的

中間テスト前です。
テスト前なので、何人かの生徒は自主的に新風館にやってきて、自主的に勉強しています。

それ自体は大変結構なことなのですが、たとえば、数学が苦手な子に限って、漢字の書き取りばかり練習し、計算問題の練習なんて一切しなかったりします。

残念ながら、中学生は放っておくとこうなりがちです。

だから、我々が自習をしているところをチェックし、指導をしなければならないのですが、このときに、何もかもをやってしまうと、せっかくの自主性をぶっつぶしてしまうことになってしまいます。それはそれで問題です。


勉強をする目的はいろいろあるのですが、そのひとつに、

「自分の実力を正しく評価して、それに応じて対策をとる」

ということができるようになる、ということがあると思います。
そして、その練習のためのテスト勉強であり、テストであると我々は考えています。

なので、

君には何が足りないのか
残された時間はどれくらいあるのか
何をどのようにすべきなのか

そういうことを自覚させるようにしなければ、意味がないと考えています。
もっと言ってしまえば、そういう問いかけや会話が無いのであれば、自習している生徒には手を出さずに、放っておく方がマシかもしれません。

・・・とまあ、格好良いことを書きましたが、これがなかなか難しいんですよね。また。

運動会

20091004_01.jpg

運動会に誘われちゃったので、のこのこ行ってきました。


20091004_02.jpg
騎馬戦。なかなかの迫力でした。

新風館生が大勢いるので全員見ようと思ってぐるぐると何周も歩いたのですが、全員は確認できませんでした。悔しい。

運動会そのものも面白かったですし、いろいろ勉強になったのですが、それよりも、多数の親御さんと卒業生に声を掛けていただいたことが、一番嬉しかったです。

特に、ある卒業生からは「就職が決まった」という嬉しい報告も受けましたし、別の卒業生からは進路相談を受けたりと、嬉しいやら困ったやら複雑でしたが、充実した時間を過ごせました。ちょっと暑かったですけどね(笑



そんなわけで、何名かの生徒さんについては(勝手に)写真を撮らせて頂きました。
基本的には、まあまあ良く撮れていると思う写真については本人に渡そうと思っております。

ただ、写真のデジタルデータをご所望の方は以下のどれかの方法でお渡しいたしますので、ご連絡ください。

・メールをいただければ直接メールで送付いたします。

・生徒本人さんにUSBメモリなどを持たせていただければ、それにコピーいたします。

・その他の生徒さんが写っている写真もご覧になりたい場合は、写真データをYahoo!フォトにアップロードしてありますので、ご連絡いただければ閲覧用のURLをお教えいたします。
#アップしたデータは基本的に非公開のデータとしております。
#データは私が許可をした人しか見ることができませんので、ご安心下さい。
#また、データは近日中に削除いたします。

・mixi経由でメッセージをいただいても構いません。mixiで「新風館 さくらい」で検索すると私が見つかると思います。mixiにもアルバム機能がありますが、アップロードした瞬間にデータが勝手に縮小されてしまうので、印刷には向きません。それでもよろしければアップロードしておきます。

以上、よろしくお願いいたします。

繰り返し

小3の子の話。
宿題をきちんとやってこなかったので叱ったのですが、叱られていると言うのに聞きもしないでパズルをやりつづけているもんだから、さらに叱られる始末。

「宿題もきちんとやってこない。叱られているのに話も聞かない。それじゃあ、ここにいる意味が無いから、帰りなさい。」

こう言ったら、この世の終わりみたいな顔をして泣き出してしまいました。
こんな感じで叱られたことがないんだろうな、と思いながらも、自分が悪いことをしたということを理解してもらうまで、話しつづけました。

こういうことの、繰り返しだと思うんです。教育ってやつは。

テスト対策

今日からテスト対策週間に入りました。今回のテスト対策は、以下の点が通常授業と異なります。

1 中1・中2は学校別のクラス編成になります
2 レベルアップテストの時間がなくなります
3 その代わりにテスト対策の授業が増えます

細かい点は伝達済みですので、各生徒は時間を間違えないようにしてください。

ちなみに、今週は土曜日ではなく、日曜日に中3の補習をやることになりました。
講習でない時期の日曜日に授業をするってのは初めて、かな。遠い昔にやったような、やってないような・・・

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク