FC2ブログ

いろいろ未定

在塾の方々には既に3月~6月の予定表をお渡ししてありますが、その中についに「合宿」の文字が入っていたことと思います。

確かに予定表に合宿の予定は書いてあるのですが、実はどこに行くとか、何をするとか、そういうことが一切まっていません。

この合宿は新高1(現中3)が企画・運営をする、ということになっています。
現在、入試を終えた中3が何名かいますが、その何名かがこれから企画を立てていくところです。

とりあえず日程だけは決めておきましたが、もしかするとそれも変更されるかもしれません。


と、本当に何にも決まっていないも同然なのですが、それでも合宿は行います。それだけは変更無しです。

それまでの時間、今年の中3はどう考え、道準備して、どう動くのか。とても楽しみです。
できるなら、感心させて欲しいなと毎回思っているのですが、はたして。

高専合格発表

高専の合格発表がありました。
新風館から1名が受験しましたが、希望の学科ではなく、他学科での回し合格になりました。
とりあえず本人は結果に納得していて、高専に進学するようです。

希望の所に通してあげたかったのですが、考えてみれば半年前には「とても高専の受験なんて無理」という状態でした。
それを本人の努力で「何とか合格できるかも」という状態まで持ってきて、そして、希望した学科ではないとはいえ、何とか合格をもぎ取ったわけです。
よく頑張ったのではないかと思いますし、悔やむような結果ではないかなと思います。

工学系出身の私としては、良き技術者になって欲しい、と願っております。
なる資格は手に入れたわけですから。



でもまあ、やっぱりちょっと悔しいね。

3学期実力テスト結果報告

・中1&中2

3教科合計 186点(1教科平均 61.9点)
5教科合計 287点(1教科平均 57.5点)

・中1

3教科合計 180点(1教科平均 60.1点)
5教科合計 272点(1教科平均 54.4点)

・中2

3教科合計 194点(1教科平均 64.8点)
5教科合計 311点(1教科平均 62.2点)


まあ、一言で言えば「悪い」です。

平均点も低めなので、相対的な成績は点数ほどは変わらないとは思いますが、それでもガクンと下げた子も多々おりました。

定期テストの直前に、

『テスト範囲をとりあえず頭に叩き込む→テストの後に綺麗さっぱり忘れる』

こういう子ほど、実力テストは点が取れません。当たり前のことです。
今回結果が著しく落ちた子は、自分の勉強方法そのものについて反省をしなければなりません。

その反省を次に生かすことができれば、今回の失敗は決して無駄ではないのですから。

公立高校推薦入試結果

今日は公立高校推薦入試の合格発表でした。

新風館からは2名が受験したのですが、無事合格しました。
今週の日曜日には高専の受験があります。本当、息を付く暇がありませんなあ。

全部

来週は学年末テストがあります。
すでにテスト一週間前になるので、試験範囲表を持ってきてくれているのですが、

数学 今まで習ったこと全部

やら

数学 教科書全部

やらばかりで、ちっとも参考になりません。
まあ、こちらもそのつもりで準備しているので構わないのですが。

私立入試結果

私立高校入試の合格発表がありました。

結果、全員合格いたしました。
合格はしたのですが、一人だけ希望のコースではなく、違うコースの合格、という形になりました。
いわゆる回し合格、というやつです。

希望のコースに通ると思ったのですが、残念です。
ただ、後で再チャレンジもできるようですし、「中学卒業後に行くところが無い」という状況ではないのですから、落ち込むことなく公立高校入試に向かって欲しいと思います。

なんにせよ、とりあえずほっとしました。

そんなわけで、今日は一時間ほど中3全員で大富豪大会を行ったのですが、みんなまだまだです。残念だけど小6より弱いです。頭の鍛え方がまだまだ足りませんなあ。

そして、なんと中3だけでなく、未だひとつも合格通知をもらっていなかった高3生が、ようやくひとつ私立大学に通ってくれました。

これまたほっとしました。


また明日から頑張りましょう。

20110214.jpg

結構積もりました。
今(18時過ぎ)は徐々に溶けはじめています。ほっとしました。

私立入試終了

私立高校入試が終わりました。
成功した子もいれば、そうでない子もおるようです。

発表は月曜日。ああ、胃が痛いです。

あと2日

私立高校入試まであと2日となりました。
入試前に中3をあまり遅くまで残せないのですが、それでも10時過ぎまで頑張っている子も何人かいました。

明日は入試前日。
ここまでプレッシャーがかかる日も、人生でそう無いと思いますので、
そういうプレッシャーも含めて楽しんでもらいたいなと思っています。

これが最後

来週は私立高校の入試なので、中3は理社の授業の時間に英数の授業を行いました。

初めの1時間は中3全員を一度に見たのですが、よくよく考えてみれば、私立専願の子もいるわけで、来週はもうここにいない子もいるわけです。

そんなわけで、全員がひとつのクラスに集まって授業をする最後の時間だったんですね。

こんな感じで来週は「これが最後」が続くのでしょうが、感慨にふけっている暇はありません。
入試本番に向けて全力で頑張って欲しいものですし、頑張ろうと思い直した次第です。

あと5日。できることはまだまだありますので。

ミスにもいろいろ

ケアレスミス、という言葉があります。
ちょっとした不注意によるミス、というのは人間である以上、必ずあります。

それはもちろん減らさなければならないのですが、ケアレスミス、と思っていることが、実はケアレスミスでも何でもない場合があります。

字が汚い
計算式の書き方が不正確
見直しをしない

こんなことをしているのであれば、それは自分でミスを呼び込んでいるようなものです。

そもそも、「自分はミスをしてしまう」という認識がない子が多く、そういう子は上のようなミスを呼び込むようなことを平気でします。

そして、本当のケアレスミスとそうでないところによる必然のミスは、現象としては「ただのミス」ですので、本人にはなかなか自覚が出来ません。

そんなわけで、たかがミスひとつが、人格・性格に深く結びついている場合があって、そういう場合は修正するのがとても大変で、なかなか直らないのです。


そういうわけで、くだらない失点を重ねている一部の中3がとても心配です。胃が痛い。

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク