中2・3 1学期課題テスト結果報告

・中2・3総合

3教科合計 225点(1教科平均 75.0点)
5教科合計 338点(1教科平均 67.6点)

・中2

3教科合計 227点(1教科平均 75.7点)
5教科合計 337点(1教科平均 67.4点)

・中3

3教科合計 235点(1教科平均 78.2点)
5教科合計 357点(1教科平均 71.5点)


○中2
Aクラス
3教科平均 256点(1教科平均 85.3点)
5教科合計 410点(1教科平均 81.9点)

Bクラス
3教科平均 179点(1教科平均 59.7点)
5教科合計 245点(1教科平均 49.1点)

Cクラス
3教科平均 184点(1教科平均 61.3点)
5教科合計 240点(1教科平均 47.9点)


○中3
Aクラス
3教科平均 265点(1教科平均 88.4点)
5教科合計 409点(1教科平均 81.7点)

Bクラス
3教科平均 204点(1教科平均 68.1点)
5教科合計 306点(1教科平均 61.2点)


新年度初の試験となりましたが、各Aクラスはなかなかの結果だったと思います。

中2BクラスとCクラスは3教科だけで見ればCクラスの方が結果が良かったです。これは今回はCクラスのメンバーのほうが意識が高かった結果だと思います。簡単に言えば、Bクラスのメンバーがだらしなかった、ということですね。

現時点ではレベルも実力もBクラスが勝っているとは思いますが、意識ひとつで簡単にひっくり返る程度の差しかない。
そういうことが数字でも分かりました。一度気合を入れ直していただきたい。

中3Aクラスの英語の平均点は87.4点なのですが、Bクラスのそれは69.4点です。
数学はAクラスが92.2点に対し、Bクラスは65.6点とすでに大きな差があります。

それをどうやって埋めていくのか。各々にヒントは出していますが、それを実行に移せるかどうかが1学期の最大の課題です。

※お知らせ

来週からGWですが、5月1日(火)のみ授業を行います。
火曜日ですが、授業回数調整の関係で、月曜日の時間割で授業を行いますのでお気をつけください。

SPring-8

今年もSPring-8の一般公開が行われます。

参考:2012年 第20回 SPring-8施設公開

昨年は無かった自由電子レーザー「SACRA」も公開されるようなので、2年連続で見学に行こうと思っています。
少しでも科学に興味がある人ならば、とても楽しめることは確実ですよ。

ただ、場所がちょっと行きにくい。公共の交通機関で行くのはちょっとしんどいです。
#JR相生からバスで行けるようです。

家族みんなでドライブがてら自動車で行くのが一番簡単だと思いますので、興味がありましたら是非家族会議にかけてみてください。

自覚

中3の子がこの間の実力テストの点数を忘れたとか言うので、

受験生なのにテストの点数を覚えてこないって、一体どういうことなのよ。

と、叱りました。

このご時勢だから自覚が無いのも仕方が無いかな、とも思いますが、それでOKだということでもありません。
こういう言葉の積み重ねで自覚させていくほか方法は無いかな、と思っています。

幼稚な子の学力は伸びない

中学生だというのに、一人称が自分の名前だったり、他人に対して自分の母親のことを「ママ」という子が案外います。案外いて、指摘しても直りません。

大人になったらどうなるんだろうと思うと大変怖いので、事あるごとに指摘するのですが、やっぱり直りません。
そして、そういう子の学力はある一定以上はまず伸びません。特に社会科は絶対にできるようになりません。社会科は大人な科目ですからね。

年々子どもの幼稚化が進んでいます。高1生は小6みたいだし、小5の子は年長さんみたいな雰囲気です。
この流れに抗いたいのですが、効果的な術が見つからずにいるのが現状です。

もちろん、この問題は世の中全体で何とかしなければならない問題だとは思います。
ですが、普通の世の中よりも子どもに近いところにいる我々は、きっともう少し良い手が打てるはずなんですよ。なやむなやむ。

悩み続けていればヒントはどこかに見つかるはずなので、悩み続けようかな、と。

クルージング

神戸コンチェルトで「金環日食」観測クルーズ-兵庫県内での観測は282年ぶり /兵庫

なかなかリッチな気分を味わえそうですね。


ご存知の通り、来月に金環日食が起こります。
私は前回の大きな日食を見逃しているので、次は是非見られることを祈っております。晴れるといいなあ。

変更点探し

新風館のWebページhttp://www.shinpukan.com/ですが、トップページをほんの少しだけ変えました。
何を変えたか分かった人は相当なマニアだと思います。

年度初めだからできること

新年度が始まりました。
年度を越して在塾し続けている子達でも、クラスのメンバーが変わってそれなりの新鮮さをもって授業に臨んでくれています。
心機一転がんばろう。そういう気持ちを少しは持ってくれる子が多い時期です。

そんなわけで、この時期はノートの使い方に関して細かく指導をすることにしています。

問題と問題の間には適当なスペースを空けること
間違えを直せるようなスペースを定期的に設けること
答えだけではなく、自分の考えを計算式で残しておくこと
分数を書くときは2行使うこと
板書と同じような色分けをノートでもすること

などなど、かなり細かい部分について指導をします。
こういうことを、たとえば2学期中ごろにやるとうざがられますが(笑)、この時期にやると案外素直に聞いてくれます。

それは「心機一転がんばろう」という気持ちが、少し言葉の受け口を広げてくれるからでしょう。
もちろん、あの手この手で受け口を広げることはできますが、受け手が広げてくれているのであれば、それは最大限に利用させてもらうことにしています。

1学期スタートと入学式

本日、4月9日より新風館の新学期が始まりました。
新しい時間割に全く慣れていないので、いろいろ無駄が多かったなと反省しています。
今年の時間割は本当に少人数で講義をするのにベストな時間割になっていると思います。楽しみです。

話は変わりまして、明日は神戸市の小中学校の入学式です。
私事ではありますが、私の娘も近所の小学校に入学することになりました。

そんなわけで、いまどきの学校の先生、いまどきの親御さんを、今までより近い距離で体験することになります。
きっといろいろ勉強になることが多いのだろうな、と楽しみにしています。

とはいうものの、とりあえず今は親としての小学校は初体験なので案外緊張しています。ドキドキです。

春期講習終了

今日で春期講習が終了しました。
1クラスの人数が少なくなる上に、実力をそろえたクラス編成をしたので、濃い講習になったんじゃないかと思います。

小学生も全学年で「国語と算数をミックスした授業」に取り組んでもらいましたが、良い手ごたえでしたし、子どもたちも「楽しかった」と言ってくれました。頑張った甲斐がありました。


そんなわけで、月曜日から1学期が始まります。
新しい時間割、新しいクラスでのスタートになります。楽しみですね。

文章題をいろんな角度から眺めてみる

春期講習中、中2のクラスで

「中学生ならば方程式で解く文章題を、あえて方程式を使わずに解いた後に、方程式を用いて解く」

という練習をしています。

算数で文章題を解くとなると、

線分図を使ってみる
量を面積に置き換えてみる
何かを「1」として考えてみる

とまあ、問題に応じてあの手この手で問題を解きほぐして、計算ひとつひとつに意味を持たせ、少しずつ解決していかなければなりません。

それに比べて方程式は「等しいものを等号で結ぶ」ことだけ考えて式さえ立てれば、後はオートマチックで解決できてしまうので、大変楽チンです。それが方程式のすごさです。

しかし、算数的な解法をやった上で方程式を解くと、方程式の計算途中に算数でやった計算がちらほら出てきたりすることに気がつきます。何の気なしに方程式を解いているんだけれども、実は算数的にはこういう意味があったのか、なんて新たな発見があったりもするわけです。


「こういうパターンの問題はこういう式を立てると楽だよ」

というものを蓄積させていくのも勉強のひとつではありますが、それだけでは知識として薄っぺらい。
ひとつの問題を多面的に考えることが、思考力を育て、知識をより確かなものにするのだと、私は思っています。

春の嵐・浸水

午後2時ごろにえらく天候が崩れ、短時間でどえらい量の雨が降りました。
結果、1Fが浸水しました。

20120403_01.jpg

どうも排水口の排水能力が低いようで、こういう豪雨だと排水がうまくいかないのです。困りました。

20120403_02.jpg

水深は4cmくらいまでいきました。写真は3cm時点のもの。

20120403_03.jpg

残念ながら授業どころではなくなってしまいました。

しかし、ご近所の親御さんとあの雨の中頑張って来てくれた生徒たちが片づけを手伝ってくれました。
大変助かりました。本当にありがとうございました。

そして、新風館の生徒たちは、こういうときに自主的に動ける子は自主的かつ効果的に動くし、
そうでない子も、指示した以上のことをしてくれる子が多いので、仕事が大変はかどり、結果、1時間半くらいで元に戻すことができました。

浸水しているときは「こりゃ今日の授業は無理かな」と思っていたのですが、4時過ぎにはあらかた片付きました。すごいことです。


もちろん、そのまま授業をしても良かったのですが、折角みんなで力を合わせて頑張ってくれたので、ささやかな打ち上げをすることにしました。そういう充実感がありました。

20120403_04.jpg

この前のうまい棒に、少しお菓子を足してわいわいと。今回のトランプ&罰ゲームはなかなか面白かったです。
なにより、生徒の間で新しい上下のつながりがまたできたのが良かったです。

あ、もちろん後日補習はいたしますので。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク