夏期講習のご案内

2012年度夏期講習の塾外生向けの学年別時間割を作成し、ネット上にpdfファイルをアップロードしてみました。
是非ご検討ください。

小4・5用時間割
小6用時間割
中1用時間割
中2用時間割
中3用時間割

中3の総時間がえらいことになっています。毎年のことではありますが。
頑張ろうぜ、受験生。

知人の伝手で、スーパーコンピュータ京の見学会に参加することができたので、のこのこ行ってきました。

20120628_01.jpg
京コンピュータ前駅(旧ポートアイランド南駅、神戸花鳥園のすぐそばです)のすぐそばに、理化学研究所 計算科学研究機構があります。

20120628_02.jpg
これが京の本体。

20120628_03.jpg
人とのサイズ比で大きさをご想像ください。この部屋は50mx60mもあるそうです。うひゃー。

つい最近、アメリカのSequoiaに世界一の座は奪われてしまったようですが、汎用性の高さには京に分がある模様です。
一般の方も審査さえ通れば利用できるようです。一時間最大100万円かかるらしいですが(笑


こういう分野で伸びそうな子が、今のところうちの生徒はいないなあ、という事実に責任を感じた次第です。
どう考えても私の仕事ですからねえ。

夏期講習案内

夏期講習の案内が完成しました。
授業中に順次渡していきますのでご検討よろしくお願いたします。

20120625.jpg

たまには窓に案内を貼ってみました。
あんまり大きな声で言うと怒られそうですが、他のところと比べるとかなり時間単価が安いと思いますよ。
我ながら体を張るなあ、と思っています。

テキストを見ると

20120623.jpg

完全にメガネのおっさんやん。

1学期中3実力テスト

中3総合
3教科合計 205点(1教科平均 68.3点)
5教科合計 301点(1教科平均 60.2点)

Aクラス
3教科平均 231点(1教科平均 76.9点)
5教科合計 346点(1教科平均 69.2点)

Bクラス
3教科平均 162点(1教科平均 54.0点)
5教科合計 226点(1教科平均 45.3点)


理社がまずいのが良く分かる結果です。
なので、今年の夏休みは理社の時間を増やそうと思っています。

台風4号

本日は台風4号が近畿圏を直撃するおそれがあるため、休校することにいたしました。
小学生と中2生は明日振り替え授業を行います。高校生は後日相談、ということで。

台風で休校するのは、新風館では初の出来事です。
たまにはいいかな、なんて思いました。

卒業生が寄るところ

ここ何週間か、なぜか多くの卒業生が遊びにきてくれました。

会っていて思ったのですが、大人になって新風館に遊びに来てくれる卒業生は、みな楽しそうなんですよ。

新風館に在籍していた当時の学力も、進学先も本当にみんなバラバラですし、もちろん仕事もバラバラです。
大きな企業に勤めている子も、今はアルバイトをしている子も、いろいろいます。

いろいろいますが、自分がやりたいことが明確にあって、毎日充実した生活を送っているんですよ。この時代にすごいことだなと思うのです。

もちろん若いですから悩みもあるでしょうし、道に迷うことも多々あるのでしょう。
でも、そういうときにふらりと寄れる場所、それが新風館なんだろうなと感じています。

自分たちのことではあるのですが、なんか良いよなあなんて感慨に浸ってしまいました。
来週も頑張ろうと思います。はい。

服装チェック

高校によっては、生徒の「服装チェック」を行うところがあります。
やれ髪の毛が長いやら、茶色やら、スカートの長さがどうだのこうだのという、昔から続いていることでもあります。

たとえば、ある高校は制服すら着なくても良かったりします。生徒の判断に任せていても常軌を逸脱したことはしない、ということなのでしょう。


他にも、長年そういうことに厳しくなく生徒の裁量に任されているな、という印象の学校がありました。

それが「軽い」とか「ちゃらい」とか表現されることもありましたが、そういう自由な校風は生徒たちに愛されてきました。うちの卒業生たちでその高校を出た子は、みな愛校心が強く、その学校が大好きな子が多いです。

で、上で「~学校がありました」と書いたとおり、どうも新高一の学年からは体育館に学年丸ごと呼び出されて服装のチェック、なんてことが始まったようです。生徒の自由に任せていたらとんでもないことになる。先生方がそう判断されたのでしょうね。


まともな判断ができない人間が自分で自分の首を絞めていく、という一例だと思うのですが、いろいろと悲しいことですね。

中間テスト結果報告

1学期の中間テストは1年を通して一番簡単なテストです。
とはいえ、なかなかの結果になりました。

・中学生総合

3教科合計 238点(1教科平均 79.3点)
5教科合計 384点(1教科平均 76.9点)

・中1

3教科合計 268点(1教科平均 89.4点)
5教科合計 444点(1教科平均 88.9点)

・中2

3教科合計 230点(1教科平均 76.7点)↑1.0点
5教科合計 377点(1教科平均 75.3点)↑7.9点

・中3

3教科合計 240点(1教科平均 80.0点)↑7.2点
5教科合計 384点(1教科平均 76.8点)↑5.3点


○中2
Aクラス
3教科平均 267点(1教科平均 89.0点)↑4.7点
5教科合計 445点(1教科平均 89.0点)↑7.1点

Bクラス
3教科平均 230点(1教科平均 76.7点)
5教科合計 368点(1教科平均 73.5点)

Cクラス
3教科平均 175点(1教科平均 58.2点)↓3.1点
5教科合計 283点(1教科平均 56.6点)↑8.7点


○中3
Aクラス
3教科平均 260点(1教科平均 86.7点)↑1.7点
5教科合計 422点(1教科平均 84.5点)↑2.8点

Bクラス
3教科平均 220点(1教科平均 73.3点)↑5.2点
5教科合計 346点(1教科平均 69.2点)↑8.0点


中学生全員の数学の平均点は85.0点でした。なかなかすごいじゃないですか。
#ちなみに英語は79.5点でした。それでも十分すごい。

もちろん、1学期の中間試験はどの学年も試験範囲のほとんどが計算問題が中心なので、点が取りやすいからこその高得点ですので、ここで油断してはいけません。
それでもそれなりの結果が出せたことについては褒めても良いんじゃないかなと思っています。


ただまあ、あれだけ時間と手を掛けてテスト対策をすれば、そりゃまあ点は取れるよなあ、というのが本音です。
人に頼るのではなく、自分の力でこれだけの結果を出せるように指導をしていきたいなと思っています。

面白がる、という力

ここ2週間強、金環日食~月食~金星の太陽面通過とビッグな天体ショーが続きました。
今年はまだ金星食もあったりと天体イベント盛りだくさんなのですが、それはさておき。

こういう天体の現象についてはテレビだのネットだのでニュースとして報道されています。金環日食については連日報道していた、と言ってもいいんじゃないかと思います。それなのに、金環日食の2日前に金環日食があることすらしらない高校生がいました。

また、金環日食については小中学生は学校で観測会を行うところも多く、自分の目で金環日食を確かめた生徒は数としては多かったのです。が、日食とは何か、どんな現象なのかを把握(なんとなく把握も含めて)している子は1割程度でした。

聞いてみれば「いつもの学校でいつもより早い時間に登校していつもと違うことができて楽しい」程度のイベントとして捉えている子が多かったようです。日食を学校でみんなで見ていたにもかかわらず、肝心の「金環」時には隣の子とおしゃべりしていて見逃した、なんて子もいました。

そして、「2週間後には金星が太陽の前を通るところが見られるから日食グラスは捨てないでね」と(おそらくは)複数の人に言われているのに、それを忘れて捨ててしまった子もたくさんいます。

昨日私が言うまで金星のことはすっかり忘れていた子がほとんどでした。



私はすべての子に関心を持って欲しいわけでも、面白がって欲しいわけでもありません。
ただ、そういう子が少なすぎる。そう思いました。

こういう天体ショーでも、化学実験でも、物理実験でも、科学的なことに「おもしろいな」と思う気持ちを持つことが絶対必要だ、とまでは言いません。面白くなくても学生は勉強するものだし、しなければならない。それもひとつの真理です。

ただ、「おもろい」と思う気持ちはその子の精神世界が広がるきっかけのひとつに十分なりますし、「やらなあかんからやる」と思ってやるよりも「おもろいからやる」と思う方が主観的には楽しいでしょう。だって面白いんですから。


何かを「面白い」と思うことは新しい世界へつながる扉を開ける力になり得ます。結構大事な力です。

そして、そういう力を持っている子は、きっと親御さんからその力をもらっています。
その扉は比較的開けやすいので私も教えているつもりなんですが、私が頑張るより親御さんが頑張ったほうが楽だし、効率的です。

もし「金星の太陽面の通過?何それ?」とおかあちゃんが思っているならば、ちょっと興味を持ってくれたらうれしいな、と思います。そうするとお子さんも変わるかもしれません。変わらないかもしれませんが(笑)

金星の太陽面通過(当日)

晴れましたので、
20120606_01.jpg

20120606_02.jpg
#2枚ともクリックで拡大できます

撮れました。

肉眼で何とか見えるという程度の黒い点が徐々に動く、という現象としては地味なものでしたが、貴重なものを見せていただきました。
地球にいるだけでこんな面白いものが見られるわけですからありがたい話です。

部分月食

部分月食が見られたはずなのですが、雲が厚く全く見られませんでした。無念。
明後日の金星の太陽面通過は少しでも見られるといいなあ。

テスト結果が揃いそう

中間テストの結果がほぼ出揃いました。
今回、数学は最多の対策時間をとったので、きちんと結果が出そうです。

とりあえず、現時点で数学の全員分の平均点が85点を超えています。
中1~中3の全員の平均点が85点オーバーですから、なかなかすごいんじゃないかと思うのですが、どうでしょうか。

中1なんて平均が90点を超えてますからね。すげえですよ。
確定したら、また改めて記事にさせていただきます。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク