FC2ブログ

半影月食

2012年11月28日 半影月食

今日は半影月食。
月が欠けたりはしませんが、微妙に暗くなるという微妙な天体ショーです(笑
肉眼で見ても変化がわからないかもしれない、ということです。

私も見たことは無いので、見れたら是非見てみようと思います。

どうやら

どうやら四十肩になったようなのですが(笑)、ホワイトボードに板書をするときや、ホワイトボードを消すときにいちいち肩の痛みを気にしなければいけないことが結構めんどくさいですね。

・・・病院に行きますかねえ。いやだなあ。

データベースサーバ引越し用メモ

現在のデータベースサーバマシンがお亡くなりになったとき、現在のシステムをWindows 7ベースのものに移すための自分用のメモ。

1.Microsoft SQL Server 2012 Expressのインストール

このページの「JPN\x64\SQLEXPR_x64_JPN.exe」(146.3MB)をダウンロードし、インストール。

インストール時にインスタンス名や認証モードなどを決定する。
これはデータベースエンジンのみで、管理ツールは付属していない。


2.SQL Server Management Studio Express 2012のインストール

このページの「JPN\x64\SQLManagementStudio_x64_JPN.exe」(640.3MB)をダウンロードし、インストール。
これでデータベースの管理や、SQLのツールなどが使えるようになる。接続する際のサーバ名は「PC名\インスタンス名」。


3.データのインポート

現在使用中のSQL Server 7.0のMDFファイルはattachすることができないので(製品版はできる模様)、一手間掛けなければならない。

まず、SQL Server 7.0のデータのエキスポート機能を使って、データベース内の全データをAccessのMDBファイル(またはExcelやCSVなどなんでも)にエキスポート。
そのファイルを、SQL Server 2012 Expressの「データのインポートおよびエキスポート(32bit版)」を使って、SQL Server 2012 Express側にインポートすればOK。

※つまり、現サーバ以外に最低でももう一台SQL Server 7.0が稼動するマシンが無いとこの作業はできない。
※サーバが完全にお亡くなりになる前に、新サーバは用意した方が無難。

この方法でデータは取り込めるが、主キーは手動で再設定する必要がある。
Access2000ではSQL Server 2012 Expressのテーブルデザインはできないので、Management Studioを利用すること。


4.アプリケーション

Accessのadpファイルや、VB6.0で作成したアプリケーションはとりあえず動く模様。
サーバ名を間違えないように。


以上、完全に自分用のメモでした。

HDDが逝った

生徒の出欠や、レベルの結果のデータを記録しているPCのHDDから、

カン!カン!カン!カン!カン!・・・

という甲高い音が聞こえ始めました。
HDDが逝く寸前の音ですが、何度聞いても心臓に良くない音です。

幸い鳴り始めたときに授業をしていたので、すぐさまデータのバックアップを取って、
予備のPC(かつての開発用のPC)をデータベースサーバに仕立て、とりあえずシステムは復旧させました。


さて、新しいサーバをどうするか。
うーん、悩ましいです。


と、たまには「システム開発部長」的な日記を書いてみました(笑

中3実力テスト結果報告

・中3全体
3教科合計 186点(1教科平均 61.9点)↓0.8点
5教科合計 298点(1教科平均 59.6点)↑0.7点

○中3
Aクラス
3教科平均 224点(1教科平均 74.7点)↓1.1点
5教科合計 369点(1教科平均 73.8点)↑1.1点

Bクラス
3教科平均 164点(1教科平均 51.2点)↓0.6点
5教科合計 238点(1教科平均 47.6点)↑0.3点

※実力テストなので、9月の課題実力テストと点数を比較しています。


ほとんど変化無し!

という簡単な結果になりました。

内容が難しくなったのに点数が変わらないということは、各自の力は若干力が上がっている、とポジティブに捉えることもできます。
が、実際のところ、各自が目標としている点数には全然届いてはいません。

そちらの事実をこそ、厳粛に受け止めるべきでしょう。

合格はゴールなんかじゃない

「合格はゴールなんかじゃない」と言い出してから6年くらい経つのですが、春風館さんこの記事で話題にしてもらいました。ありがたいことです。
そして、ありがたいと同時に、照れくさいですね(笑

志望校に合格する、ということはもちろん大事なのですが、もっと大事なのは

・なんのために高校に行くのか、ということを改めて考える
・どの高校に行くのか自分の意志で決定する
・志望校に合格するための作戦を練る
・上記の作戦を確実に実行する
・その中で最大限の努力をして、自分の限界を突破する

ことだと思います。

こういう経験から得たことは、合否に関わらず今後の人生の大きな糧になるのですから。

高校は通過点に過ぎません。
大学も通過点に過ぎません。

その後の人生を幸せに生きるための力なり、知識なり、人格なりを十代のうちに鍛え上げてほしい。
そう思っています。


テストで上手に点を取る方法とか、そういうのは瑣末な話なんです。
若い日にそこに重点を置いてしまって幸せになれた子って、私は知りません。

笑えない話

自己都合で退職した元同僚が半年間のプー経験を売りに在籍時以上の待遇を求めて復帰を希望してきて驚いた。

フィクションなんじゃないかとも思うのですが、うちの生徒の何人かはこういう大人(大人って言うのかな)になりそうで怖いです。
勤め先でこういう部下を持たされている保護者の方もおられるのかもしれませんね。

潜入

近くの中学校で学校公開を行っているというので、のこのこ見に行きました。
昨年に引き続き、2年連続です。

いつもは授業を見学する他の保護者の方と何人かはお会いするのですが、今回は誰にもお会いしませんでした。
つまり、いろんなクラスで授業を後ろから覗いている部外者は私ひとりだったわけで、大概目立ちました。
どのクラスでもジロジロ見られて、ちょいと気まずかったです(笑

地域の方はあんまり関心が無いのでしょうかね。
それともたまたまなんでしょうか。

前者だとすると、ちょっと困ったなあと思いまして。

深海と海洋学部

深海で発見されたとんでもない肉食生物

ゲームやアニメに出てきそうな形の生き物です。一体何のなかまなんでしょうかね?
こんなのがまだ出てくるってのがね、すごいですよね。深海は分かってないことだらけ。

海洋学は学んだらきっと楽しいと思うのに、大学の海洋学部ってのはあんまり人気無いですよね。
なんとなくマニアックな感じがするからなんですかね。
就職実績も良いところが多い感じなのに、もったいないというか、なんというか。

放置されて

「勉強なんていやだけど、とりあえず塾に行ってれば親はごちゃごちゃ言わないし、塾でも適当に怒られない程度に手を抜いていい加減にやってた」

ということを平気で言う、現時点では他塾に通っている小6が体験で来ています。

まあ、正直で可愛いとは思いますが(笑)、うちではそういうことは一切通じません。
適当にやれば怒られるし、罰ゲームはさせられるし、きちんとやるまではいつまでも嫌な思いをし続けるでしょう。
イヤだったら、真面目にやればいいだけの話ですからね。

そんなわけで、根性から叩き直したいのですが、今までこの子をこういう状態で放ってきた親御さんです。
我々がびしびしやることを、許してくれますかねえ。

許してくれなかったらどうしようもないんですが、このまま放っておいてもどうしようも無いと思うんですよねえ。
親御さんも、その他塾も、もうちょい考えてやればよいのにな、と思うんですよ。全くもう。

理科は・・・

そういうわけで、テストの前日に理科の授業をしたからかのかどうなのか、実力テストでの理科の平均点は気持ちマシになっているような気もします。
まあ、気のせいかもというレベルなんですが。

そして、前回良かった数学がえらいことになりそうです。

まあ、そううまいことはいかないよねえ、なんて、呑気に言える時期ではないんですけど!


・・・中3にはぼちぼち泣いてもらわないといけませんかねえ。

理科が!

気がつけば11月になりました。
そして明日は、中3は大事な実力テストです。なので今日はちょっと対策の授業をします。

もちろん、理科ですよ。理科。
理科ばっかりいつも悪いっていう状況を今回は何とかしたいですよ。いい加減。

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク