2013年度スタート

昨日から新風館の2013年度が始まりました。
初日は何かと混乱があるものですが、今年は大きな混乱も無く静かなスタートになりました。
嵐の前の静けさでないことを祈っています(笑

2012年度終了

本日で新風館の2012年度が終了いたしました。

来週25日から2013年度、新風館の16年目が始まります。
さて、来年度は一体どんなことが起こるのでしょうか。楽しみです。

そして、来年度も何卒よろしくお願い申し上げます。

公立高校入試結果

北須磨高校 1名
須磨東高校 1名
県立工業高校 1名

残念ながら1名不合格になってしまいました。
我々の力不足です。本当に残念です。

入試の次の日

入試の次の日、入試が終わった中3は、普通にレベルを受けて帰りました。
当たり前といえば当たり前なのですが、「合格したからはい終わり」という気持ちに誰もなっていないんですね。

高校入試なんてゴールでもなんでもない。単なる通過点に過ぎない。

そういうことをちゃんと分かっているわけです。
新風館の歴代の先輩方も同じ行動を取ってきていますし、これも新風館の伝統のひとつなんでしょうね。

素晴らしいですね、まったく。自画自賛で申し訳ありませんが。

3月14日の中3の授業

昨日、3月14日は公立高校の入試でした。
とりあえずひと段落ついたので、中3の授業の時間にちょっとした打ち上げをしました。

20130314_01.jpg
お菓子パーティのはずなんですが、なぜかレンジでチンするご飯が・・・
マヨネーズやらケチャップやら田楽味噌やら、いろいろありましたよ。シロップとか。

20130314_02.jpg
まあ、そういうことになるよねえ・・・
とてつもなく不味かったです。はい。毎年こういうの食べさせられてます。私。

20130314_03.jpg
最後にみんなでトランプを。


来週も普通に授業はあります。
高校に入ってからも役に立つことを教えたいな、と思っています。

公立高校入試の予想の答え合わせ

・予想

生物 動物
地学 天体
化学 酸とアルカリ
物理 電流

・本番

生物 動物・生態系を中心にいろいろ
地学 天気と天体
化学 塩酸についていろいろ
物理 光

上記のように、どこかひとつの単元に偏らない問題構成になっています。
昨年からこういう流れに変わりましたが、その方向に加速した感じです。
加えて、選択問題がなくなった代わりに小問集合になったこともあり、広い知識を要求されるテストであったと思います。
広くなった代わりに、そこまで深い問題は出ていませんので、きちんと理科の勉強をすれば点が取れたはずです。

一昔前の理科を勉強していなくても、理科的な常識があれば何とかなってしまった問題よりはずっと良いです。


そういうわけで、本当に公立高校の問題を予想することにあまり意味がなくなってきました。
予想は今年で終わり、かなあ。


なんにせよ、受験生はお疲れ様でした。
今日くらいはぱーっと遊んじゃって良いと思う。

公立高校入試(理科)の予想

毎年恒例、当たらないことに定評がある(笑)公立高校の理科の問題を予想してみたいと思います。

生物 動物
地学 天体
化学 酸とアルカリ
物理 電流

一昨年は案外当てましたが、昨年は散々な結果でした。

さて、今年はどうでしょうか。


ちなみに、毎年こうやって予想はしますが、それに則った授業はしていません。
そんなことをしても意味は無いですからね。中学生として身につけて欲しい知識を教えてきたつもりです。


ただ、こういう予想が楽しいから毎年やっているだけです(笑

2012年度学年末テスト結果報告

○中1・2総合
3教科合計 226点(1教科平均 75.4点)
5教科合計 363点(1教科平均 72.7点)

○中1総合
3教科合計 196点(1教科平均 65.3点)
5教科合計 332点(1教科平均 66.5点)

○中2総合
3教科合計 240点(1教科平均 80.1点)
5教科合計 377点(1教科平均 75.5点)


・中2
Aクラス
3教科平均 265点(1教科平均 88.2点)
5教科合計 424点(1教科平均 84.9点)

Bクラス
3教科平均 238点(1教科平均 79.4点)
5教科合計 361点(1教科平均 72.3点)

Cクラス
3教科平均 210点(1教科平均 70.1点)
5教科合計 336点(1教科平均 67.2点)

・中1
Cクラス
3教科平均 250点(1教科平均 83.2点)
5教科合計 414点(1教科平均 82.7点)

・導入クラス
3教科平均 115点(1教科平均 38.3点)
5教科合計 211点(1教科平均 42.1点)


導入クラスの成績がえらいことになっています。
このクラスは新入りさんばかりの勉強初心者のクラスですから仕方が無いのですが、それにしてもえらいことになっていますね。

導入クラスのメンバーは、まだみんな1年生です。
これから確実に伸びると思いますので、楽しみにしていますよ。


他、長く新風館に在籍しているメンバーは基本的にはよく頑張ったと思います。
あえていえば、中2Bクラスの数学が悪かったくらいですか。

導入クラスを除けば中1も中2も3教科平均が8割を越えてますからね。

中1に至っては5教科平均も8割以上です。
平均が8割越えです。ちょっとすごいんじゃないかな、と思います。

啓蟄に思う

今日、3月5日は啓蟄です。
確かに空を見れば、春らしい菜の花が似合う空の色になっています。

・・・と、いう話を新風館の生徒にしたところで、きっと誰にも分かってもらえません。
おそらく、高校生でも啓蟄という言葉を知らないと思います。
#ひとりくらいは知っているかもしれませんが。

やれやれ、最近の子どもは常識が無いよなあ、と思いたいところですが、考えてみれば二十四節気の啓蟄の次の春分のさらにその次を、私は知りませんでした。

知らないので先ほど調べたのですが「清明」というそうです。
聞いたことがあるような、無いような。そんな感じでした。

とにもかくにも、先ほど私は「清明」という言葉をひとつ知ったわけです。ひとつ賢くなりました。

とりあえずググればすぐに分かるわけですから、便利な世の中になったものです。
分からないな、知らないな、と思ったときにすぐに調べる。
それが手軽にできる世の中なのですから、世の中博学な人で溢れ返りそうなものですが、もちろん、現実は違います。


なぜなのでしょうか。

答えは色々あるでしょうが、とりあえず今の子どもたちは、

「自分に興味が無いことは知らなくても構わない」

という意識の子がとても多いです。そこに何の疑問もためらいもありませんし、

「自分が知らないことを知っている人を気色悪がって、嫌悪すらする」

そういう感覚を持っている子すらいます。
「知らないこと」がちっとも恥ずかしくないんですね。彼らにとっては。

だからまあ、知らないことを聞いても調べようとしませんし、教えたところで覚えようともしません。
彼らにとってはそれに何の価値もありませんから。

新風館の子らは、そういう姿勢はあかんよ、と我々に散々言われてますので、そこまでひどい子はいません。

しかし、入塾して間もない子のほとんどは「知らないのが普通」という姿勢でいます。
来年度の1学期はそういう子らのそういう姿勢を徐々に矯正しなあかんなあ、と毎年この時期は思うのです。

春期講習と新年度のご案内を

昨日から春期講習と新年度のご案内を書かせていただいた書類を、生徒たちに渡しています。

説明すべき案外ややこしいので、まずは通う本人がシステムを理解していないのは話になりませんので、時間を使って説明をしております、

そして、その上できちんと本人から保護者のみなさまに説明させますので、きちんと説明できるのかどうか、是非期待してお待ちください(笑

気がつけば・・・

気がつけば公立高校入試まであと2週間を切っています。
過去問で思うような点数を取れていない子も多いですが、ここまできたらできることをひとつひとつ丁寧にやるしか方法はありません。

そして、この時期になってもまだ情けない計算ミスや問題の読み違いをしている子は、大いに反省して欲しいものですよ。本当に。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク