差をつけるのはここしかない

昨日、この日記に書きました。

>問題は、明日です。
>明日、テストが終わったその日に、それでも自習に来られるかどうか。

>その辺りをみることで、中3の意識のレベルがハッキリ分かります。

結果。

来たのは一人。
真に受験生であると言えるのは、根性を据えて勉強する気があるのは、残念ながら現段階では中3生では一人だけだった、ということです。

今日来た彼に「テスト直後でよく自習に来たね」と言ったところ、彼は言いました。

「差をつけるとしたら、ここしかないですから。」

全くその通りです。その意気ですよ。
#いやまあ、正確に言えばここ以外にもきっとあるでしょうけども。


今日確実に、彼以外の生徒は、差をつけられ、縮められました。
つけた差、縮んだ差は微々たるものかもしれません。
しかし、0でもありません。
その重大さを、他の生徒は理解しなくてはなりません。

そして、少なくとも夏の間にその精神を培うことはできなかったのは事実。
大変残念です。

テスト中ということで

実力テスト期間中ということで、中3のほぼ全員が、授業の無い時間帯に自習に来ています。
それは良いことです。

問題は、明日です。
明日、テストが終わったその日に、それでも自習に来られるかどうか。

その辺りをみることで、中3の意識のレベルがハッキリ分かります。

さて、どうなるのでしょうか。
テストも心配ですが、そちらもより心配です。

テスト直前

夏休みもあと一週間で終わり、なのですが、今年も学校の夏季休業中授業があります。
しかも、そこで実力テストが行われますので、夏休み残り一週間の前に、今はテスト3日前だったりします。

中3生のほとんどはその辺りがきちんと分かっているので、夜も塾に来て自習をしています。
問題は「ほとんどは」という部分で、来ていない子はどうなっとんねんという話です。

多分、自由研究やら読書感想文やらをやっていると思うのですが、こうなることが事前に予測できないわけで、いやはや困りました。
それでもまだ何かをやっていてくれれば良いのですが、何か家でのんびりしてたりする可能性も結構あったりしまして、明日確認しなければなりません。

オープンハイスクール

今週は中3生がオープンハイスクールに行っていました。
毎年のことですが、時間を割いて行っている割に、役に立っているかどうかどうにも分からない催し物です。

先日、在籍してる高校生たちに「オープンハイスクールに行ってよかった?」と聞いたところ、
とある高校の生徒たちは

「ウソばっかりだった」
「あれはずるい」
「ほとんど詐欺」

という文句ばかりが出てきて、少し笑いました(笑

ああいう場は高校の「良いところ」ばかりを「良いように」発表するところですからね。
学校の行っていることを鵜呑みにしていたら、そういう感想にもなるでしょう。

もちろん、「オープンハイスクールは為になった。入った後もあまり違和感が無い。」と言う生徒がいる学校もあるわけです。
結局は学校側のやりようの問題だと思うのです。

そんなわけで、オープンハイスクールをするのだったら、もう少し子どもたちの役に立つ内容にして欲しいなと思うのです。


・・・なんか同じことを毎年書いている気がしますけども。

ここにきて失速

中3は夏期講習の第3週あたりまでは毎日9時ごろまで誰かが居残りで勉強していました。

それこそ、新風館に「住んでいる」ような状態で勉強をしていたのですが、お盆の時期あたりから毎日遅くまで残っていたメンバーが減り、昨日はたった一人だけが残って頑張るという状態でした。

夏休みの初めはあった勢いが、ここに来て失速した、ということです。

ですので、今日、中3生に、

「一学期終わりに面談をして、我々に頑張りますと言ったあのときの自分に対して、今の自分は胸を張って「頑張っている」と言えるかどうか、今一度考えてみなさい」

と、言っておきました。まあ、毎年これくらいになるt聞いていることではあるのですが。


とりあえず、今日いたメンバーはほとんど居残りで勉強をしています。
さて、今回はいつまで続くことやら。

ミーティング

今週の授業は今日で終わりました。
授業が終わってから、高校生が集合して卒業生2名とともに合宿のミーティングをしています。
卒業生の指摘は的確で、さすがに長年新風館にいた子達は違うなと少し感心しました。

20150813.jpg

自分たちが必死に考えたことにあれこれ言われるのは辛いものです。いくつになっても辛いです。
しかし、信頼している年が近い先輩に指摘されるのは受け入れやすい上に、議論もしやすいのでしょう。
いつもより高校生の口数も多く、話がどんどん進んでいるようです。

合宿はもちろん楽しいですが、行く前にあれこれ考えている時間もまた、楽しい。
その楽しさを満喫しているようで何よりです。

お盆?

世の中、お盆のお休みに入っている方も多いようですが、例年通り新風館は普通に夏期講習中です。
今週は13日まで夏期講習をしておりますので、ご用の際はお気軽にどうぞ。
#14日はお盆休みをいただいて、15,16日と3連休になります。ご了承ください。

小学生も中学生も高校生も、周りの浮ついた雰囲気に振り回されること無く、普通に来て、普通に授業をしています。
いつもの新風館の夏の景色なのですが、普通にやれる子どもたちはなかなかえらいな、と毎年思います。

準備ができていないと無駄

中3は3分の2
中2は半分
中1は全員

なんの話かといえば、

「8月6日は何があった日ですか?」

という質問に答えられなかった生徒の割合です。
昨日聞いたのですが、いや、知らない子が多くて驚きました。

学校ではこういう戦争のお話を長い間時間をかけて授業しそうなものですが、どれだけ熱心にやろうとも、聞いてるほうの準備ができていないと、このザマです。

そして、そういう準備を我々新風館はしますし、そこに多大なエネルギーを注ぎます。
そこができてさえしまえば、学力はどんどん上がっていくことが分かっているからです。

夏休みの宿題が終わった

中3生は8月3日までに学校の宿題(作文と自由研究を除く)を終わらせることになっていました。

20150804.jpg

一名を除いて、無事に終わりました。
これでやっと夏期講習に腰をすえて取り組めることができるわけです。よく頑張りました。


終わっていない一名は、自分がどのくらいの量のことをどのくらいの時間でできるのか、それが全くわかっていないようです。

例えば、宿題が終わりそうも無いなら終わりそうに無いで、我々に相談するなりやることはあったはずです。
しかし、そういったこともせず、ただただマイペースに少しずつ宿題をして、気がついたら期限が来てしまいほとんど終わらせられなかった、ということらしいです。

これでは勉強ができるようになるはずがありませんし、将来仕事もできるようにならないでしょう。
将来のための練習だと思って必死に宿題をやってもらうつもりです。

今日もまたISSが見えた

今日もまた新風館からもISSが綺麗に見られました。
今回は中2を引き連れて見に行きました。夜に授業を行う学習塾だからこそできる野外授業ですね。

それはさておき、なんだかんだで金曜日、土曜日、月曜日とISSを3回も見てしまいました。
どんだけ好きやねんと言われても仕方がないくらい見てしまったわけですが、それくらい好きやねんということです。宇宙は夢があって良いですね。

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク