FC2ブログ

謎の小瓶

期末テストが終わっている中学校の子たちに、リフレッシュを兼ねて少し実験的な授業をしてみました。

20181126.jpg

これでもプログラミングの授業です。
詳細はまた後日。今は秘密です(笑)

無理なものは無理

問題を読まずに解こうとするのは、突然「何人?」という意味不明な質問をされて、それに正しく答えようとするのと同じ。
つまり、無理です。

単語を覚えずに英語ができるようになるのは、コントローラーをなくしたゲーム機でゲームをしようとするのと同じ。
つまり、無理です。

無理なものを無理だと認めることができれば、そこからスタートできるのですが、なかなかできないものです。
だから、こちらは根気強く「無理なものは無理」と何度も言っていくしかありません。

だって、無理なものは無理ですから。

兵庫県公立高校、募集定員1,000人減

【高校受験2019】兵庫県公立高校、募集定員1,000人減…加古川西(普通)40人減など

<上記リンク先から引用>
前年度と比べて募集定員を減らす学校は、御影(普通)40人、須磨東(普通)40人、伊川谷北(普通)40人、須磨翔風(総合)40人、淡路三原(普通)40人
(中略)
募集定員を増やす学校はない。
<引用ここまで>

また、教育委員会が作ったPDFファイルはこちらになります。
平成31年度 兵庫県公立高等学校第1学年募集定員(PDF形式)

定員が減るのは子どもの人数が減っていますから仕方がないことです。
ただ、須磨東と伊川谷北はレベルが近すぎる感じがしますし、須磨翔風のような人気がある高校の定員を減らしたりと、何らかの意図はあるのでしょうが、私には分かりません。

定員が減ったとしても、本番のテストで点数を取れば受かるわけで、受験生は意気消沈せずに頑張っていきましょう。

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク