FC2ブログ

下関市立大学経済学部合格!

下関市立大学 経済学部 公共マネジメント学科 1名

合格おめでとうございます!
私大の試験も国公立前期試験ともにあまりよい結果が出せずにいただけに、合格の知らせを聞けてとてもうれしいです。
後期試験までの長丁場でしたが、最後の最後まであきらめずによく頑張ったと思います。

いやしかし、最後の最後に逆転のトライを決めたなあ。素晴らしいです。

公立高校入試結果

昨日、公立高校の発表がありました。
希望の高校に合格した子もおりますが、今年は残念ながら不合格者を出してしまいました。

まだまだ努力できる余力があったはずですが、最後の最後まで追い込みをかけることができなかったことが最大の原因かと思っています。つまり、我々の力不足です。

結果を受け止め、また一年最善を尽くすつもりです。

公立高校入試

昨日、公立高校入試が終わりました。

数学は昨年と同じく、

「きちんと勉強していれば60点くらいは取れるけれども、80点以上を取ろうとするとえらく難しい」

そんな試験だったと思います。
大問1と各大問の(1)と(2)が易しかったので、そこそこの点は取りやすいのですが、(3)(4)になると急にハードルが上がる、といういつもの公立高校の問題だったと思いました。

ですので、平均点、得点分布ともに昨年と大きく変わらないと予想します。


理科の昨年の平均点36点。
80点以上取れた子は、全体の0.1%。20~39点の子が全体の53.6%という試験でした。

きちんと理解していないと答えにくい&中学生が苦手とする問題がオンパレードでこの結果だったのですが、今年も全体的な傾向は変わりませんでした。表面上の理解だけでは点が取りにくく、きちんと理解していなければ答えられない問題や、計算問題が多かったので、平均点は低いでしょう。

ただ、昨年よりは答えやすい問題も増えたので、平均点は40点ちょっとくらいになるのではないかと予想します。


理科は来年もこの路線でいくのだろうなと思います。そうなると、きちんと理解して、きちんと学力を上げないと得点できそうにありません。しんどいとは思いますが、考えてみればきちんと理解していないのに点が取れるという方が変な話で、これは当たり前になっただけだと考える方が前向きでしょう。

来年の公立高校の入試まで、あと365日。中2生は1年間頑張ろうな。

2019年度時間割

新風館のWebページを2019年度版に変更いたしました。

http://www.shinpukan.com/

2018年度とくらべて、時間割がかなり変わっています。
※時間割のpdfファイルはになります。
※また、2019年度の通常授業は4月8日からになります。

主な変更点は、

1.小5・6算数が小5算数と小6算数の2つに分かれた
2.高校物化が高校化学に変更(物理の受講生がいないため)
3.中1・中2ともに、英数の曜日が変更
4.中3は英語と数学を180分×週1から90分×週2に変更
5.小学生の英語以外の教科の曜日が変更
6.高校生は曜日と時間がともに大きく変更

になります。なお、料金の改定はございません。

ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

兵庫県立大学工学部合格!

兵庫県立大学 工学部 機械・材料工学科 1名

合格おめでとうございます!
センター試験の得点と、2次試験の手ごたえから高確率で合格するだろうとは思っていましたが、何が起こるのか分からないのが入試です。合格の知らせを聞いてほっといたしました。

これで当塾は5年連続国公立大学に合格者を出したことになります。
記録にあまり意味は無いのですが、嬉しいものは嬉しいですね(笑)

3学期学年テスト結果報告

学年末テストの結果報告になります。

○中1・2全体の平均点
3教科 205点(1教科平均 68.3点)
5教科 324点(1教科平均 64.8点)

○中1平均点
3教科 180点(1教科平均 59.9点)
5教科 286点(1教科平均 57.1点)

○中2平均点
3教科 207点(1教科平均 69.1点)
5教科 330点(1教科平均 66.0点)

中1生は英数国の3教科もあまりよくないのですが、理社は輪をかけてえらいことになっていることが良く分かります。
今年中に浮上のきっかけを作って登っていかないと、来年大変なことになりそうです。今年度中、つまり、2年生中では遅いと思います。今年中です。あまり時間はありません。

中2生は全体的に良い位置につけている子が増えてきました。
部活動が忙しい1学期を何とか乗り切って、夏にいろいろ爆発させれば先が見えてくると思います。今年の夏は勝負でしょうね。少し気が早いですが。

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク