FC2ブログ

塾を選ぶとき

今日、いつものように朝刊をめくると、中に学習塾のチラシが多数入っていました。
その数5つ。すべて夏期講習の案内でした。さすが大手は早いですね。

この辺りで塾選びに悩んでいるご家庭があるのであれば、もちろん新風館がイチオシです(笑



6月になりましたというこれくらいの時期に、

・中間テストの結果が分かった
・どうも点数が落ちてきた
・今年の夏くらいはちょっと頑張って欲しい

という親御さんは、案外多いのではないかと思います。

そんなわけで塾でも通わせてみようかと思ったはいいけれど、さて、いざ実際どこかに行こうとなると、どうでしょう。

私の娘は私(と北風)がなんとかしちゃうので、私自身は塾選びで迷うことはないのですが(笑)、もし私がこの仕事をしていなかったら、きっと塾選びは悩んだろうなあ、と思います。

どれをみてもチラシには良いことが書いてあります。
正直なところ、チラシからは塾のシステムは分かりますが、雰囲気はいまいち分かりません。
そして、授業料もそうは変わりません。
いろいろ塾はありますが、その違いをチラシだけで判断しようとすれば、ますます訳が分からなくなるかもしれません。
綺麗なチラシを作っているところは、きっとお金はあるんだろうな、ということくらいは分かりますかね(笑

チラシはよく分からない。じゃあ、口コミかな、という話になります。
口コミが信用できればそれも良いのですが、ある子には合う塾も、別の子には合わないかもしれません。
それでも、親御さんの中での講師の評判は、ある程度信用できるでしょうか。
あそこの先生は厳しいとか、ねちっこいとか、当たりがよいとか、それくらいは分かるでしょう。

とまあ、これくらい考えてあとは「えいやっ」という気持ちで行ってしまう。
この感じは病院選びに近いのかもしれません。ただ、病院には自分で行けます。自分が診てもらいます。

しかし、塾が親にとって一番厄介なのは、通うのが自分自身ではないということです。
塾に通いはじめても、結局、どうなのかの手ごたえが、親御さんにはいまいちよく分からないのではないかなと思うのです。

なので、とにかくどこか良さそうなところに通わせてみて、結果、本人が喜んで通っているし、テストで結果が出た。
だからまあ、良いかな。こんな感じで塾に通わせている親御さんがほとんどでしょうか。


先ほども書きましたが、塾に通うのは本人です。
だから、塾の中がどうなっているのか、本当のところは親御さんは分かりません。

ただ、分からないからこそ、子どもが安心して頑張るスイッチを入れることができるということも多々あります。
だからこそ、親御さんには見せないような顔を我々には見せてくれるということも多々あります。
なので、ある程度分からない部分があるのは申し訳ありませんが、ご了承していただく他、ありません。

それでも、少しでも外から中をうかがうには、どうすれば良いのでしょうか。
私がもし塾を選ぶ立場になったらどうするか、考えてみました。



まず、こういう日記やブログを読むと思います。
日記から塾の内部の雰囲気や教育方針、講師の価値観を探ろうとします。

・定期テストを大事にしているのか、受験本番を見据えているのか。
・そもそも、テスト云々ではなく、その子の実力そのものを上げるために、テストを利用しているのか。
・受験の実績を重視しているのか、生徒や親御さんの意見を重視しているのか。

そういうことが、日記やブログからある程度分かると思います。

日記やブログがなかったり、それらからは良く分からないのであれば、直接塾に行って、いろいろ聞いてしまいます。

一応一通り説明をしてもらった上で、聞きたいことをストレートに聞いてしまいます。
講師が何をどう考えて、どういう方針でやっているのか。その辺りをぶっちゃけてもらいます(笑
もちろん、一度聞いただけですべては分からないと思いますが、それでも結構な判断材料になると思います。

その上で、自分の方針に近いところを選ぶかな、と思います。

そんなわけで、親御さんが塾に何を求めているのかが曖昧になっている状態だと決めるのは難しいかな、と思います。
そういう場合に塾に入れてしまうと、もしかすると望んでいない方向にひっぱられるかもしれません。
それは本人にとっても、塾側にとっても不幸なことです。


実は「塾を選ぶとき」っていうのは、「親御さんご自身の教育観を、改めて見つめなおすとき」なのかもしれませんね。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント


塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク