FC2ブログ

宿題は手伝わないで!

新風館に通い始めて日が浅い子に多いのですが、我々が出した宿題を親や兄弟に手伝ってもらってやってくる子がいます。

宿題は「やってくること」が目的ではありません。
宿題をやることで知識を定着させること、そして、我々の手助けなしでどの程度頑張れるのかを判断するために出しています。

ですから、教えていないこと、ひとりではできそうに無いことは絶対に宿題にしていません。
たまに「ひとりで解くにはちょっと難しいかもしれないなあ」というレベルの問題を宿題にすることがありますが、それも先に書きましたとおり、生徒の実力とふんばりをみたいからそうしています。


宿題というものは、自分のペースで自分が適量と思う量を自主的に解いてくるのが理想だと思っています。
実際、発展クラスのAクラスの子にはほとんど宿題を出しませんが、結構な量を自主的にやってきます。
そして、学校のペースよりも速いペースで進んでいきますし、定期テストでも良い結果を出しています。

「言われたからやる」宿題よりも、「自分の意志でやる」宿題の方が圧倒的に効率が良いのです。
ですので、あまりにたくさんの量の宿題を出すことはしません。最低限度の量を効率よく選んでいるつもりです。
ただ、自分でできそうなところはどんどんやっておいてね。そういう宿題の出し方をしています。


また、知識の定着がいまひとつの状態でいろんな教え方をされると教わるほうは混乱するものです。
具体的に言えば、我々の説明と家での説明が異なると、もし仮に同じことを言っていたとしても、言葉遣いや言い方が少し異なるだけで混乱してしまうものなんです。

さらに、もし同じことを言ったとしても、プロとアマチュアでは効果が全然違います。
テレビで芸人さんが面白いことを言っていた。おもろいなと思ってそれを素人が真似しても、なんかあんまり面白くなかったりするのと同じです。


そういうわけですので、親御さんやご兄弟が宿題を手伝うことは、百害あって一利なしです。
本当にやめてください。お願いいたします。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント


塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク