FC2ブログ

どちらが大変か

小中学生が携帯電話を持つことについて、賛否両論あるとは思うのですが、携帯電話が原因で生活が乱れたり、人間関係がよけいややこしくなって精神的に疲弊したりする可能性があることは、否定できないと思います。

もちろん、そういう問題が全く発生しないこともあるでしょうが、まあ、何かしら問題は発生するでしょう。

そんなわけで、子どもが「自分の携帯電話を持たせて欲しい」とねだり始めたら、

1:徹底的に却下する
2:要求をのむ

のどちらかを選択しなければならないわけです。

子どもの再三に渡る要求を拒絶しつづけることは、たしかにしんどいことです。
しかし、携帯電話が原因でおこった様々な問題を解決するために奔走するのも、大概しんどいと思うわけです。


つまるところ、どちらのしんどさに耐えるのが有意義であるのか。
それを親は熟考の上で選択すべき問題なんですね、この問題は。

そこを何となくノリで片付けてしまうと、まあ、大概は何かが起きます。お気をつけください。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント


塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク