FC2ブログ

小学生の間にしておいてほしいこと

数学が苦手な子というのは昔からたくさんいて、その割にそれが特に改善されること無く、今もまた数学が苦手な子がたくさんいます。困ったものです。

で。
確かに数学が苦手な子は数学ができないのですが、それ以前に算数ができないから数学ができない、という子がほとんどです。

小学校時代にしないとまずいことをざっと書いてみると、

筆算の練習
計算の意味を理解した上で計算する
分数・小数の意味を理解した上で計算する
速さや単位量あたりについての量などの考え方のトレーニング
割合や比など、単位をつけずに量を考えるときの考え方のトレーニング
各図形の性質や面積の公式を覚える
各図形の性質や面積の公式の理由を考える
図形の問題の考え方のトレーニング
単位の変換のトレーニング

何かまだある気がしますが、すぐに思いつくのがこれくらいです。
いやあ、書いてみてなんですが、中学生でもこれらができない子ばっかりですね。困ったものです。


さらに、大抵の子どもは

授業は集中して聞く
人の話をちゃんと聞く
宿題をやってくる
休むときは連絡をする
伝言をきちんと伝える

など、「生徒」として守らなければならないことができませんので、まずはこれらができるようにトレーニングをしなければならず、これらができないうちは算数がどうこうという話にすらなりません。


とまあ、こういうことができずに中学生になり、定期テストを受けてから

「これではまずいかも」

では、割と手遅れになりがちです。

そういうことは、もっと世間一般に知られても良いのではないか、と私は思います。
大人はちょっと呑気に構えすぎなんじゃないかなあ、と。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント


塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク