FC2ブログ

夏期講習案内

すっかり忘れていましたが、夏期講習の案内をネットで公開しています。

2019年夏期講習のご案内(pdf)

今年の授業も充実のラインナップだと思います。自画自賛になりますが(笑)
1講座から自由に組み合わせて受講できますので、是非ご検討ください。

私立高等学校の授業料の実質無償化

ある高校の入試説明会に行ってきたのですが、そこで以下のような話題が出ていました。

2020年4月からの「私立高等学校の授業料の実質無償化」リーフレット(令和元年5月)

これによれば、

「年収目安が約590万円未満世帯の生徒を対象に、支援金の上限額を私立高校の平均授業料を勘案した水準に引上げる」
「引上げ後の支給額は、在校生(2020年度よりも前に入学した生徒)にも適用される」

とのことです。

入学金には公立と私立でかなり差があると思いますが、逆にそれくらいの差しかなくなるということです。
入学金は入試の結果次第で免除になったりすることもありますから、そうなってしまえば金額的な差はますます小さくなります。



「安いから」という理由だけで公立高校を選ぶと痛い目にあう時代が来るのかもしれませんね。

Bit-1 GRAND PRIX

先日より、夏休みに開催されるBit-1 GRAND PRIXのエントリーが始まっています。

こちらのページによりますと、上位に入れば賞品も出るようです。

エントリーは無料ですので、BIT CAMPUS touchを利用している方は参加してみましょう。

%が分からない、ふたたび

結構な難関大にいる大学生でも%が分からない、という記事が出ていました。

日本の大学生が「%」を理解できなくなった理由

そんな馬鹿な、と思う方もおられるかもしれませんが、長年この業界にいる人間からすれば、

「まあ、そらそうやろな」

という感想が出てくるだけでございます。残念ではありますが。


よく、「二次方程式が解けても日常生活では使わない」とか「理科を勉強しても何の役にも立たない」とか、そういう言葉を聞きます。

もし仮に、それらの知識が生活で役に立たないのだとしても(私はそうは思いませんが)、だからといってそれが勉強に意味がないということにはなりません。なぜなら、勉強というのは「概念を理解した上で記憶し、記憶したことを繰り返し利用することで体得していく」という行為そのものに、大きな意味があるからです。

つまり、勉強を通して「正しい理解の仕方」「正しい知識の活かし方」「正しい上達のやり方」を身に付けること。これが大事であり、身に付けるべきことなのだと思うのです。

上に書いたようなことが上手だと、勉強以外の何かでも、例えばスポーツでも、仕事でも、趣味でも、上達そのものが上手になります。実際、学力が高い子はスポーツも上手な子が多いですし、趣味でも高いレベルで楽しんでいる子も多いです。

「知識」という結果、ではなくて、「知識を吸収、活用する」という過程。
それが勉強にとって一番大事なのに、みんなして結果ばかり追い求めてしまった。その結果が「大学生にもなって%が分からない」という現状なのではないかな、と私は考えます。

1学期中間テスト結果報告

少し遅くなりましたが、5月に行われた中間テストの結果報告になります。

○中学生全体の平均点
3教科 203点(1教科平均 67.7点)
5教科 321点(1教科平均 64.2点)

○中1平均点
3教科 209点(1教科平均 69.6点)
5教科 321点(1教科平均 64.2点)

○中2平均点
3教科 216点(1教科平均 71.9点)
5教科 338点(1教科平均 67.7点)

○中3平均点
3教科 211点(1教科平均 70.3点)
5教科 345点(1教科平均 68.9点)

中2、中3は例年通りの点数だと思いますが、問題は中1です。

ちなみに、昨年の1学期の中間試験の平均は、

○中1平均点
3教科 236点(1教科平均 78.5点)
5教科 369点(1教科平均 73.7点)

でした。今年はかなり悪くなっています。

そして気が付けば、来週はもう期末テスト。

前回の反省を生かして、きっちりリベンジしましょう。
そのためには、土曜日やテスト期間中の空いている時間にどれだけできるかが、とても大事になりますよ。

塾長の北風が本を出しました。

2冊目が出ました。


1冊目はこちら。


プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク