このごろの算数の授業

今年度は小学生の算数の授業に、パズルや工作を積極的に取り入れるようにしています。

今日は折り紙を使って分数の計算の意味を考えてもらいました。

20180517.jpg

上の写真は、

1/2+1/3=3/6+2/6=5/6

を折り紙で作ってみたところです。

さらに、この状態で、1/2÷1/6=3であることの説明もできますね。

ただ問題を解くだけではなく、いろんな方向・方法で理解してみようとすることが、一生モノの骨太の知識を体得することにつながるのではないか、と私は考えています。

人生初プログラム

先ほど、中2の子が彼にとって人生初になるプログラムを作りました。

https://goo.gl/qVUM9v(要キーボード)

※表示している文字だけは私が変更しました(彼の名前だったので(^^;)

「スペースを押すと、表示する文字列が変わる」

ただそれだけのものですが、とにかく彼は第一歩を踏み出しました。
この一歩は小さいものですが、彼の人生にとっては大きな大きな一歩になるに違いない、と私は思っています。

産経新聞に

産経新聞に広告を出しました。

20180507.jpg

割と良い感じの広告だと思うのですが、これが入ったのは4月28日付けの新聞になります。
・・・連休で告知するのをすっかり忘れていました(^^;

1学期課題実力テスト結果報告

○中2・3の平均点
3教科 190点(1教科平均 63.5点)
5教科 290点(1教科平均 58.1点)

○中2平均点
3教科 192点(1教科平均 64.2点)
5教科 313点(1教科平均 62.6点)

○中3平均点
3教科 185点(1教科平均 61.8点)
5教科 238点(1教科平均 47.6点)

点数そのものは低いですが、学校の平均点も低いので、順位は点数ほど悪くならないと思います。そこはご安心ください。

ただ、私が見た限りでは、試験は特に難しい問題が出たわけではありません。
定期テストではまあまあの点数を取っていることを考えると、要は範囲が限定されていない試験では点が取れないということです。

それはつまり、日ごろの勉強の仕方を間違えているということに他なりません。
もちろん、我々はそんな方法を教えたことはないのですが、「水は低きに流れ、人は易きに流れる」ということなのでしょう。

そういう自分を変えるには、日々自分と闘い続けるしか道は無いと思います。
我々が背中を支えますから、一緒に闘いましょう。勇気を出してほしいですね。

掃除の手伝い

授業が終わった後、我々は毎日教室の掃除をしているのですが、今日は中学生が手伝ってくれました。

思えば、昔はその日の最後の授業を受けた子たちは何も言わなくても自主的に手伝ってくれたものですが、そういうことが無くなって早10年(くらい?)。随分久しぶりの感じを味わいました。素直に嬉しかったです。

世の中、そういう思いやりというか、気配りができることは、学力よりも大事にしている人って案外多いと思うのですが、学力の低下とともに、そういうこともできなくなっています。もちろん相関関係があるのだろうなと思った次第です。



※当記事は「掃除を手伝いなさい」と強要している記事ではないので誤解されぬようお願いいたします(^^;

塾長の北風が本を出しました。



プロフィール

さくらい@新風館

Author:さくらい@新風館
新風館通信(ソフトタイプ)です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク